2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ
フォト

その他

2014年8月31日 (日)

足元を…

先日、宮崎中央花きと普及指導員、農試研究員との合同会議が開催されました。

目的はこの10年で60億円近い産出額を失った県内の花き生産をこれ以上、減らさないために地元の関係者でできることを考え、実行していこうというものです。

宮崎の産地は多くは県外市場へ出荷されています。
それは大消費地がバックにある市場の価格発見能力の高さや量が増えたときの弾力性を期待しているからです。

地元の市場への出荷が少ないのは、簡単に言えば、単価が低く、地元のみの出荷では、ブランド力のある一部の生産者しか経営的にあわないため。


でも、地元市場に出荷される花がすべて地元で消費される訳ではなく、市場としての商圏はある意味全国の時代です。
考え抜き、新たなしくみを作れば、もっとやれることがあるはず。
これから活発に議論し、みんなで考え、必ず良いしくみを作り上げたい。

もう一つ大きな課題は地元の花の消費を広げること。
地元の消費が全国で下から数えて一桁の宮崎は地元での花の消費が非常に少ないのです。

地元で多様な花々が生産されていながら、出荷されるのはほんのひと握り。
花屋さんからは花が少ないとの嘆きの声をよく聞きます。
市場に花屋さんがわくわくするような花がたくさん並ばなければ、創作意欲や消費者に伝えたいという気持ちはおきません。

最前線にいる花屋さんのモチベーションがあがらないと消費に変化か起こるはずがありません。

花屋さんを見てみると、完全な待ちの姿勢、店舗まわりが雑然として店売りを意識していない、品質保持の意識が低い、花をモノととらえている、花そのものを売ろうとしている、産地表示がない、価格表示がない、消費者に何も訴えてない、etc.
という事例を目にします。

生産側も同様に自分本位で昔と変われない事例を多く目にします。

地元市場と産地、そして花屋さん。

一貫した意識としくみ。これが消費者にわかりやすく伝われば、きっと変化が起こるはず。
まずはその関係者が高い意識で、強い意志で、かたい結束で同じゴールを目指し、努力を続けることが必要です。

何かを変えるには、まず自分から。


2014年8月19日 (火)

35年ぶりの…

今月末に開催される仕事関係のソフトボール大会でピッチャーをすることに。

小学生の頃にピッチャーをしていたこともあり、中高のクラスマッチ、大学の生協杯などでも投げていた。
ちゃんとした試合で投げるのは…。19年ぶり?

ん、依頼を受けたものの投げれるのか?

と言うことで、親父にボールを受けてもらった。


小学生のチームでは親父が監督と言うこともあり、徹底指導が必要なピッチャーは自然と息子。
毎日、毎日、到底小学生のメニューとは思えない練習の日々、今考えても良くやりぬけたな、と思う。


親父とのキャッチボールは35年ぶり。
何球か投げると小学生の頃のことを鮮明に思い出し、とても懐かしく、嬉しく、感慨深い気持ちになった。

親父は78歳とは思えないキャッチングとスローイング。超人的。

親父は努力と忍耐の大切さを教えるために、息子を厳しく指導した。息子はたくさんの優勝旗を手にし、努力は報われると知り、その信念は今も変わらない。

親父とのキャッチボールで自分は今、努力しているか?を問い、頑張らねばと思った。


父親へは、決して消えない尊敬と感謝の念。


肝心なピッチングは??
ソフトボール大会、ちゃんと投げれるかなぁ〜





2014年5月12日 (月)

花の癒し効果はある?ない?

花には人を癒す力がある。

花に関わる人なら一度とは言わず、使ったフレーズ。
これまで自分自身の体験やまわりの人たちのコトバから、そうだと信じていました。

近年、花に人を癒す力があることが、医学的に証明されました。

どういうことかというと…

花の置いてある部屋と置いていない部屋では、置いてある部屋にいる人の方が、交感神経活動が低下し、副交感神経活動が活発になるていうことです。

交感神経活動が高まると血管が収縮し、血圧が高まるなど、ストレスがかかります。
逆に副交感神経活動が活発になるとリラックスします。
つまり、花を置いている部屋にいる人はリラックスする傾向にある、癒されているということです‼

これからはそうだと信じていたことを、根拠に基づいて伝えることができますね(^^)

詳細はこちら花の癒し



2014年1月14日 (火)

今週も山盛り

今週もスケジュールがいっぱいです。

本日14日(火)
   午前中、地元市場で来年度の事業展開について打ち合わせ。
   午後は研修の講師。
 
15日(水)
   椎葉村でJA日向椎葉支店トルコギキョウ研究会の実績検討会。
   とんぼ返りで宮崎にて打ち合わせ。
 
16日(木)
   ラナンキュラス全体研修会で講演
 
17日(金)
   18日(土)に開催される食育講座のプレゼン資料づくり
18日(土)
    JA宮崎経済連の食育講座 『農の台所』でラナンキュラスについてのお話
 
いろいろとお声掛けいただき、仕事ができてありがたいばかりです。
少しでもお役にたてるよう、今週も精一杯がんばります!

2014年1月 6日 (月)

新年に思うこと

新年明けましておめでとうございます。
ハウス仕事は元旦から始まっていますが、通常業務は今日から仕事始めです。

今年一年間、心がけること。
自分自身への意識付けのために、今年も目に見える形にします。

昨年掲げた目標は基本的な心の持ち方。当然、今年も継続しつつ、今年新たに一つ追加します。

今年追加するものは、


自分を限らないこと

1日は24時間、限りがあります。これは自分ではどうしようもありません。
でも自分の意識、心の持ちようは自分でいかようにも変化させられます。
日々、難しいことに直面することばかりですが、簡単にあきらめては何事も成就しません。自分を限らず、できることは何かないかを考える姿勢を貫きたいと思います。


昨年公言した心がけることは次のとおり。今年も忘れないようにしたいです。

1つ目は愚痴や他人の批判を慎むこと

人間だから人の好き嫌いや相性の悪さがないはずはありませんが、口にする前に自らを省みること。
自分が他人を批判できるだけの人間かどうか...。 体制や人に問題があるのであれば、それを改善する働きを自分が十分やっているのか?というところから考えたいと思います。


2つ目は言ったことを必ず形にすること

いろいろな場面でこうしたい、ああしたいと語った自分のアイデアを小さくてもいいので形にすること。

どんな素晴らしいアイデアや考えを持っていても形にできなければ、その考えに価値はありません。

泥臭くても行動し続け、形にすること。


3つ目は丁寧に仕事をすること

仕事に就いて年数を重ね、慣れてくるとついつい雑になってしまう事が多々あります。

目の前の一つ一つの仕事を丁寧にやっていきたいと思います。

小さい事に手を抜く人は、大事な仕事でも抜けがでてしまいます。

後回しにせず、丁寧に仕事をしていきたいと思います。


4つ目はしっかりと準備をすること

仕事の質は準備がどれだけできたかで決まります。

丁寧に仕事をすることと通じますが、一つ一つの仕事に対し、最大の準備をする。

小さい事こそ全力で準備することを心がけたいです。


これを実行できればそれなりの人間になれそうですが、私は凡人、人間だもの。
できなくとも意識することを続けたいと思います。(すでに言い訳...)

今年1年、頑張りたいと思います。ご指導よろしくお願いします。

2013年12月17日 (火)

ヤマ場の一週間

昨日のスイートピー検討会でスタートした一週間。
今後を占う大切な一週間になりそうです。

17日の今日は、花き関係者の研修会。試験場の研究成果や普及指導員の活動成果の発表があります。

18日は…。ナイショです(^^)

19日は午前中は推進している露地花きの研修会。
花屋さんとも連携した取り組みです。
午後はトルコギキョウの研修会。
生産拡大を図りたい冬のトルコ、数少ない適地としてもっと真剣に取り組まなければなりません。

20日はスイートピー栽培ハウスへの環境測定装置の設置検討。太陽の子とも言われる繊細な花。技術の高い生産者のほ場環境のデータ収集を行います。


踏ん張りどころの一週間です!

2013年11月26日 (火)

準備がすべて

すべての成功はどれだけ準備できたかで決まってしまう。

来週は重要な行事がめじろ押し。

12/2,3 西臼杵ラナンキュラス調査
12/4,5 パートナーショップとの商談会(東京)
12/6 デルフィニウム全体研修会
12/7,8 九州山口花き担当普及指導員交流会(大分)

今週が勝負。良い準備をしなきゃ

2013年3月13日 (水)

さすが、大分

昨日、ホオズキの調査に大分県の普及指導員の方々が宮崎に来られました。

他に用務があったので夜だけの交流でしたが、
みなさんすごく熱い方々でさすが大分、と感じました。

花育や普及のお仕事、いろんな花について語り、とても刺激を受けました。

人との出会いは自分にいろんな成長をもたらせてくれます。
やはりいろいろ方々との交流は大切ですね。

大分のみなさん、ありがとうございました。
またお会いするのを楽しみにしてます。

2013年2月28日 (木)

競争でご贔屓はうまれない

モノが売れないデフレの中、業績不信で倒産、合併の動きが目立つ百貨店業界で、業績を伸ばしている百貨店があります。

その百貨店とは、東京の大田区山王にあるダイシン百貨店。

この百貨店は完全な差別化で業績を伸ばしています。
その内容は…

・ターゲットはお年寄り
・巻き寿司一個の商品
・少量の肉、刺身
・一個からでも無料配達
・服のデザインは一つ一つ違う
・昔ながらの商品

たくさんは食べれない。
年をとってもおしゃれでいたい安くても同じデザインの服はいや。
昔懐かしい商品が欲しい。
荷物を持つのは大変。


自分の親に何を提供するのかという考えで、お年寄りのために徹底したサービスを展開している取り組みには脱帽です。

ターゲットをしぼって、そのサービスを徹底して展開すると、お客様は集まってくるのです。

お客様から見て、選択しやすいメッセージが伝わるんですよね。


花の世界も一緒です。


2012年12月31日 (月)

今年もお世話になりました

今年も残すところあと数時間。

毎年感じることですが、あっという間の一年でした。
 
今のポストで3度目の年越しを迎えます。
今年は二年間の下地作りもあって、納得できる仕事も結構ありました。
結構頑張ったと自分自身を少し褒めてもいいかなと思っています。
 
 
来年は公私ともにもう一段、上のレベルでの仕事が必要になります。
これから10年の自分の進む道を決める年にもなるでしょう。
 
自らを鍛え、力を試す年にもなりそうです。
 
途中で挫折しないように、今年以上に自分自身のレベルをあげていかなければなりません。
 
休み中にもう一度、『風姿花伝』を読み返し、原点に帰って考え方を
見直したいと思います。
 
 
また、今年はたくさん方々との新しい出会いがありました。
すべての方、私にプラスを与えてくれる方々ばかりです。
 
人のつながりは財産です。来年も新しい出会いを楽しみに
したいと思います。
 
 
来年も今年以上の年に成る事を願ってます。
 
みなさま、良いお年をお迎えください。
 
 
 

より以前の記事一覧