2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト

寄せ植え

2014年12月 8日 (月)

癒しの寄せ植え Vol.7

先週、花関係の行事の視察で参加者から高い評価と感嘆の声を得たたくさんの寄せ植え。











寄せ植えと感じない程のナチュラル感と先の変化が想像できる期待感、何より作品全体から放たれる癒しのオーラ。

切り花だけでない、花の世界の広がり、素晴らしさ、奥深さを消費者に伝えています。
ハードなファンが育ち、まだまだ狭い範囲ですが、新しい花消費の文化ができつつあります。

お客様との関係性を強め、さまざまな花材で商品を提案する。だれにも真似できない独特のテイスト。


どの寄せ植えもいつ見ても素敵で溜息が出てしまいます。

納得できる最高の花材で構成された時、いったいどんな寄せ植えができるのだろう…。

死ぬまでに一度でいいので見てみたいです。

2014年11月12日 (水)

癒しの寄せ植え Vol.6

しばらくぶりの癒しの寄せ植え。

秋になりスペシャルなパンジー&ビオラが出回るようになりました。
そんな花材を使った寄せ植えです。




このテイストは特別で、寄せ植えそのものに
何かを感じずにはいられません。

思わず連れて帰りたくなりました(^^)

でも、少しでも多くの人にみてもいたく、グッとこらえました〜

2014年7月19日 (土)

癒しの寄せ植え Vol.5

寄せ植えにいろんな花材をを使ってあるのを目にしますが、今回特殊なカテゴリーのものを使った寄せ植えです。

その花材は多肉植物、しかもセンペルビウムの希少品種がメイン。

一言で表現するとクール!
カッコよ過ぎる寄せ植えです。








いずれも同じアーティストの手にかかった作品。
成長し変化するのを感じる楽しみもありますが、
このテイストをこのまま残しておきたい気持ち…。

せめて写真で残しておかねば…。

う〜ん。写真の腕が…

2014年6月15日 (日)

癒しの寄せ植え Vol.4

鮮度保持剤のテストを頼みに花屋さんへ。

ドアを開けてそっとのぞくと、お店の方が何やらもくもくと作業中。


僕に気づいたその方と挨拶したあと、作業スペースに目を移すと…。


そこには多肉の寄せ植えが。

大小や色合いがさまざまな多肉が絶妙なバランスで同居していて、なんとも言えない雰囲気を漂わせていました。


聞くと一度商品としての役目を終えたポットの多肉たちを一つ一つ拾い集め、寄せ植えとして再生しているとのこと。

その想いとプロとしての仕事の確からしさに、感動してしまいました。

自分も自分の仕事にしっかりプロ意識を持たなければと改めて想いました。




連れて帰りたかったのですが、まだ作業中のようでしたので、次の機会に…。

花の仕事に携わって20数年、まだまだ知らないことばかり。
素晴らしい人に、素晴らしい花に
もっと学んでいきたいと思います(^^)

2014年6月10日 (火)

癒しの寄せ植え Vol.3

また出逢いました…。癒しの寄せ植え。

器の中で調和する植物達。

光る個性が消えず、影響し合う。


ほんとうに癒される…。

こんな寄せ植えが街に溢れたらどんなに素敵だろう。
きっとみんな笑顔が絶えないはず。

そうなるといいな


2014年6月 2日 (月)

癒しの寄せ植え Vol.2

癒しの寄せ植え…。

あまりに衝撃的だったので、自分のブログに記していきたいと思います。

僕が最も敬うフローリストは、訳あって今はフローリストの仕事をしていません。

その作品はほとんど記録しなかったので、今や記憶の中だけの存在。ちゃんと記録しなかったことを後悔しています。

そして、癒しの寄せ植え。
この寄せ植えを作るアーティストは僕が最も敬う寄せ植えアーティスト。


自分のためにも記録を残さねば、同じ後悔はしたくないと思いました。


だれも持ち得ないであろう感覚を持っているとしか思えないテイスト。
眺めている引き込まれ、気持ちが癒される…。

ナチュラルですべての植物が調和し、ずっと前から一緒にいたようなオーラが出ている。
ほんとに素晴らしいです。





アジサイの寄せ植え。
すべての植物が生き生きしてます。


こんな感覚を持ち得たらどんなに素晴らしいか…。
凡人は羨ましい限りですが、寄せ植えを見ることができれば幸せです。

2014年5月 8日 (木)

癒しの寄せ植え

仕事がらというか、個人的な趣味でもいろんな花やガーデニング、寄せ植えを目にします。

それも県内外、相当数見てきました。

そんな僕が間違いなく、他にない感覚を持った寄せ植え。
鉢におさまるすべての植物が生き生きし、寄せ植え全体からやさしさが溢れています。
包まれたいオーラがでている。

写真が撮れた一部です。

単なる僕の好み、ではないと思います。

きっと、作り手の気持ちが出ているんですね。

こんな寄せ植えが作れるようになりたい…。
僕の願いです。

その前にまずは、人間磨きが先かな^^;