2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ
フォト

ホオズキ

2013年7月 8日 (月)

ホオズキ7月分、ピークです!

夏を彩る花と言えば…

そう、ホオズキです。(正確には実ですね)

みやざきでは中山間地域の日之影町、美郷町、西米良村などで栽培が盛んです。


ホオズキは前作の地下茎を再び次作に使う栽培が行われてきましたが、連作や地下茎由来の病害などが問題になり、なかなか良いものが安定してできない状況が続いていました。


それらの問題を数年をかけて徐々に改善し、ようやく安定の兆しが見えてきました。
今年もその成果として、とてもきれいなホオズキができています。

7月分の出荷ピークは先週末から今日にかけて。

どうぞ、お盆をみやざき産ホオズキで彩ってくださいませ。


1373236139032.jpg


1373236152194.jpg

1373236158999.jpg

2012年8月12日 (日)

ホオズキは終わりが始まり

今の時期にあざやかなオレンジ色で彩るホオズキ。
果実を提灯にみたててお盆飾りに使われます。

一本に10個を超える果実がつくような立派な品質に仕上げるために、1〜2月にはほ場に植えなければなりません。

ホオズキは地下茎で増える多年草。
毎年、新しい地下茎を切り分け、一つ一つ植え付けるのです。

この地下茎を安定して良い状態で確保できるかが、最も重要です。

そのためにどんな体系を取れば良いかはわかっているので、それを各現場で汎用化するのがこれからの課題です。

1344780991990.jpg
今日、掘り上げた我が家のホオズキ。
小さい株でも60センチを超えるほどに地下茎が伸びています。
地下茎の先端が完全に地上にでると、葉が展開します。地中で伸びている新鮮な地下茎は真っ白で充実してます。

この地下茎を来年の栽培に使うのですが、ちょっとひと工夫が必要なのです。

来年のお盆に向けて今から仕込みが始まります。
一年かけてのお仕事、終わりが始まりです。

2012年5月29日 (火)

匠のホオズキ

先週の月曜日、日之影町の匠のホオズキを見せていただきました。
基本的に連作が難しいとされるホオズキを毎年すばらしい品質で
仕上げるほんとの匠です。
 
状態が良いであろうという予測どおり、順調に生育していました。
他の地域で初期の着果を苦労しているのがうそのように、
しっかりと実がついていました。
順調な生育は適切な栽培管理の結果です。
 
昨年度、匠のホオズキは朝日神社のほおずき市を彩りました。
昨年の朝日神社のほおずき市
 
 
今年も楽しみですね。
 
Dsc07789

2012年3月 6日 (火)

ホオズキ、実生苗の育成中

お盆の商材と言えば、ホオズキ。
 
鮮やかなオレンジ色の実(正確には実を包んでいる萼)が
とてもきれいで、お盆にはなくてはならない存在です。
 
出荷時期は真夏ですが、実は既に仕込みが始まっているのです。
ホオズキの栽培スタートは2月なのです。
 
ホオズキは地下茎で増殖するので、通常は毎年、地下茎から栽培を
行うのですが、ウイルスやその他の病害を次年度に持ち込む事が問題となっています。
 
生産現場ではそれらの病害を少しでも軽減することと、
栽培の終期が3月の品目の後作として導入できるように、
実生による栽培を試行しています。
 
栄養系の品目の実生はたいていばらつくものだし、実生だから
すべての病害がクリアになる訳ではないので、簡単な話ではありませんが、
いろいろな点を考慮し、やるべきだと判断しています。
 
将来的には違った展開に結びつけたいと考えているので、
その一歩でもありますね。

 
Dsc07310
横に伸びているのが地下茎。苗の植え方などを工夫するとその数が増えるので、
苗数が増えます。

Dsc07312
萌芽してきました〜

2011年11月15日 (火)

ホオズキ仕込み中

ホオズキ仕込み中
ホオズキ仕込み中
ポットで養成中のホオズキを只今ほ場に定植中。  
地下茎な採取期がくるまでのちょっと期間のほ場暮らし。のびのび育ってもらわなければなりません。

ここでは実生での生産体系の効率化を目指し、急速増殖法を試しています。
ずっと前からあたためていたアイデアを試行できて嬉しい限り。

おそらく問題が明らかになると思いますが、それは改善につなげ、技術を体系化するためのステップなので、問題の顕在化は大歓迎です。

2011年9月17日 (土)

ホオズキも

ホオズキも
順調に育ってます。

種まきして約40日
7節目の葉っぱが広がっているところです。

根元近くの茎の付け根からは新しい茎が出始めています。

この茎、この後どこに向かうかというと…


土の中です。


地下茎になるんですね〜 
良く考えると不思議な植物です。

2011年8月15日 (月)

みんなホオズキ

みんなホオズキ
小さいの、大きいの、シワシワなの…

色、形
同じホオズキでもこんなに違います。

お客さまがどこまで見極めて買っているのか?

一番知りたいところですが、ちょっと情報不足です。

これからは市場から先の意見を市場担当者の口からではなく、ダイレクトに聞き、対応することが大切。

まずは顧客情報を整備しましょう。

2011年8月 8日 (月)

ホオズキの品質調査

今週、ホオズキの品質調査で大田市場におじゃまします。

ホオズキは7、8月に堅い需要があり、夏場に計算ができる数少ない品目ですが、

連作障害や天候不順などに対応し、品質を安定させることが課題です。

今回は県内産と県外産の品質を調査し、問題点を明らかにし、産地内で情報を共有化し、来期の品質向上対策にいかします。

2011年8月 2日 (火)

ホオズキも発芽しました

ホオズキも発芽しました
ホオズキが発芽しました。
今年の課題を踏まえ、来年に向けて確認しなければならないことが山積みです。

来年度までに解決しなければ、問題を引きずるばかりなので
自分でサンプルをつくるために種をまきました。

今、考えている仮説をささえる根拠をもう少し探す必要があります。


文献探索の日が続きそうです。