2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月25日 (水)

ベビーハンズ、いよいよ始動

3月のみやざきはすっかり暖かく…と書きたかったのですが、一転真冬の最低気温。
花冷えにしては寒すぎです。

一昨年から産地化を進めてきている新品目がいくつかありますが、ベビーハンズもその一つ。

宮崎ではこの3月に地際から新芽が伸びはじめます。
高冷地の露地を除いた各地では、新芽が一斉に伸びています。



ベビーハンズの最大の特徴は直立型の草姿と小葉。
マーケットから求められるものはこれに加えて、計画的な安定供給です。
さまざまな用途でつかうグリーンは常に入手できる環境を市場に作らねばなりません。

作り手の都合で出荷量に大きな山谷があることは許されないのです。
みやざきは全県窓口一本で生産から流通まで一気通貫で取り組み、マーケットの要求に応えられる産地を目指します。

ほ場の立地や残肥などさまざまですが、しっかり技術を調整しながら進めていきます。


母の日に向けた管理はこれから本格化。
たいへんではありますが、楽しみです‼

2015年3月19日 (木)

わかれめ

自分の身の振り方を決める時期がきました。

望む道を歩けるように、自分なりの努力はするけれど、自分には選択権が全くなく、決まった道に進むだけです。

大きなわかれみち…。

ほんとに人生がかわるよなぁ

想像するだけで、なんか不安になりますね、


ほんとに好きなことをとことんやることが、
結局、人のためになるんですけどね。

中途半端なゼネラリストを作っても、革新的なことは何にもできないし、そもそもつまんないです。


与えられた道、人で最大限のことをやるしかないです。

2015年3月16日 (月)

花は生きもの

農業はシンプルに言えばものを作って売る産業。
だから他産業と比較され工業製品並みに揃ったものをつくりなさいと良く言われる。

でもね、農業はメーカーではなく、グローワーなんだよね。

すべてをコントロールし、精密に制御し、予定どおりに、計算どおりのコストでものを作る工業製品じゃない。

これは言い訳ではないんだ。
作る側がどうせ無理と思ってるわけじゃなく、より揃ったものを決められた時期におさめようと考え、努力しているけれども、それを簡単に飲み込んでゼロにしてしまうものがたくさんあるのが事実なこと。

植物は生き物、姿かたちも変化するし、そもそもこちらが完全に制御することは不可能。

そして作る環境は毎年同じことはない。
無限に要因があるんだ。


時期がずれたり、カタチにバラツキがでたり…。

でも、マーケットの要求に応える努力を続けて、完璧を目指している。


そもそも品にも、求められる価値にもバラツキがあることは、市場が存在すること自体がそのことを示している。

農産物はなぜ市場を経由した販売が主流なのか?
それは品にバラツキがあり、求める人の価値観が異なるから。さまざまなもの、要求、そこから価格を見つけるのが市場の重要な役割の一つ。
いわゆる価格発見機能。

市場はその存在で農産物にはバラツキがあることを認めてるんですよ。

なんでこんなひとりごとを言っているのかというと。

こんなことがありました。
マーケットを調査し、話をし、サンプルを送り、この時期は植物の生理上、どうしてもこの状態にしかならないことを説明し、OKをもらってスタートしたのに、やっぱりいらないって話に…。

ちゃんと手順は踏んだし、ものも見てもらった。
全然問題ないと言う回答をもらった。間違いなく。

そして、ここに来てカタチが違うから…。だと。
説明があって良くないか?
そんなものか?

はしごを外された感。
はい。承りました。
今までお世話になりました。

ま、こんなこと常ですね。


めげずにやっていきましょう〜

でも、既存顧客を死ぬほど大切にする考えはぶれません。

立ち止まる暇はない。
次に向かって再スタートです。

お花を飾りましょう Vol.117

3月はお別れの月でもあります。

今年もこれまで一緒に花の仕事をしてきた仲間が花の仕事から離れることになりました。


異動は前提と言っても、
仕事は選べないと言っても…
そうは言っても、たぶん好きなことをやるのが
本人にもそしてまわりにも幸せなのだと思います。

人は良くも悪くも利己的なもの。
好きなことにはとことん追求できます。
それからもたらされるものは
一流のものです。

ただし、誰でもと言うわけではありません。
やっぱり、それぞれの能力、背負うものがあるのです。
そこはわきまえる能力も必要です。

ん?話が違う方向に行き始めた…。


とにかく、寂しい別れではありますが、それぞれの道で、それぞれの花を咲かせて欲しいとの願いを込めて束ねてみました。



昨晩いけた時はこんな感じ



一晩経つと先端が上向きに




みんな上を向いてがんばろうぜー‼

お花を飾りましょう Vol.116

え〜っと…
出張などがたてこんで…。アップしなかった言い訳を考えていましが、単なる先延ばしであることは自分が一番わかっているわけで…。

簡単なことも先延ばしにすると難しいものに変わってしまうんですよね。

すぐやる星人になれるよう頑張ります。


で、先週のお花です。


3月と言えば、ラナンキュラスフィーバー。
この月はラナンキュラスが溢れるほど咲き誇ります。


今や春の花の顔。そんなラナンキュラスを束ねました。





花材は…

我が家のラナンキュラス
我が家のベビーハンズ


ラナンキュラスの産地化を進めて10年すぎています。思い描くようにはなかなか進みませんが、今年の秋には一歩進んだカタチをお見せできそうです。
それまでにやらねばならぬことは山積み…。
頑張ります〜

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »