2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ
フォト

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

足元を…

先日、宮崎中央花きと普及指導員、農試研究員との合同会議が開催されました。

目的はこの10年で60億円近い産出額を失った県内の花き生産をこれ以上、減らさないために地元の関係者でできることを考え、実行していこうというものです。

宮崎の産地は多くは県外市場へ出荷されています。
それは大消費地がバックにある市場の価格発見能力の高さや量が増えたときの弾力性を期待しているからです。

地元の市場への出荷が少ないのは、簡単に言えば、単価が低く、地元のみの出荷では、ブランド力のある一部の生産者しか経営的にあわないため。


でも、地元市場に出荷される花がすべて地元で消費される訳ではなく、市場としての商圏はある意味全国の時代です。
考え抜き、新たなしくみを作れば、もっとやれることがあるはず。
これから活発に議論し、みんなで考え、必ず良いしくみを作り上げたい。

もう一つ大きな課題は地元の花の消費を広げること。
地元の消費が全国で下から数えて一桁の宮崎は地元での花の消費が非常に少ないのです。

地元で多様な花々が生産されていながら、出荷されるのはほんのひと握り。
花屋さんからは花が少ないとの嘆きの声をよく聞きます。
市場に花屋さんがわくわくするような花がたくさん並ばなければ、創作意欲や消費者に伝えたいという気持ちはおきません。

最前線にいる花屋さんのモチベーションがあがらないと消費に変化か起こるはずがありません。

花屋さんを見てみると、完全な待ちの姿勢、店舗まわりが雑然として店売りを意識していない、品質保持の意識が低い、花をモノととらえている、花そのものを売ろうとしている、産地表示がない、価格表示がない、消費者に何も訴えてない、etc.
という事例を目にします。

生産側も同様に自分本位で昔と変われない事例を多く目にします。

地元市場と産地、そして花屋さん。

一貫した意識としくみ。これが消費者にわかりやすく伝われば、きっと変化が起こるはず。
まずはその関係者が高い意識で、強い意志で、かたい結束で同じゴールを目指し、努力を続けることが必要です。

何かを変えるには、まず自分から。


2014年8月29日 (金)

ありのままに

疑念からはなんにも生まれない。

痛みをおうことを恐れては深く入り込むことはできない。


ほんとに難しいね

2014年8月25日 (月)

お花を飾りましょう Vol.97

今週は8月最終週。夏も終わりです。

施設花きの発展により多くの花が長期に出荷されるようになり、季節感が薄くなったものもありますが、夏場は季節感たっぷりの花ばかりです。

最後の夏、そんな花々でまとめてみました。




花材は…

クルクマ
ローズゼラニウム
アルストロメリア
スプレーバラ
クレマチス
ニラ花
ヒオウギ実
ブルーベリー
キイチゴ
レックスベゴニア


花、野菜、果実…。園芸満載。

2014年8月23日 (土)

信じる

信じることを表す言葉に信用と信頼がある

その違いは?

担保を求めるか、求めないかだ。

担保を求め、人を信じるのが信用。

担保を求めず、無条件に信じるのが信頼。


疑念を一切持たず、相手のために無条件に行動することができなければ、信頼することはできない。


あなたには心から信頼できる人、いますか?

2014年8月19日 (火)

35年ぶりの…

今月末に開催される仕事関係のソフトボール大会でピッチャーをすることに。

小学生の頃にピッチャーをしていたこともあり、中高のクラスマッチ、大学の生協杯などでも投げていた。
ちゃんとした試合で投げるのは…。19年ぶり?

ん、依頼を受けたものの投げれるのか?

と言うことで、親父にボールを受けてもらった。


小学生のチームでは親父が監督と言うこともあり、徹底指導が必要なピッチャーは自然と息子。
毎日、毎日、到底小学生のメニューとは思えない練習の日々、今考えても良くやりぬけたな、と思う。


親父とのキャッチボールは35年ぶり。
何球か投げると小学生の頃のことを鮮明に思い出し、とても懐かしく、嬉しく、感慨深い気持ちになった。

親父は78歳とは思えないキャッチングとスローイング。超人的。

親父は努力と忍耐の大切さを教えるために、息子を厳しく指導した。息子はたくさんの優勝旗を手にし、努力は報われると知り、その信念は今も変わらない。

親父とのキャッチボールで自分は今、努力しているか?を問い、頑張らねばと思った。


父親へは、決して消えない尊敬と感謝の念。


肝心なピッチングは??
ソフトボール大会、ちゃんと投げれるかなぁ〜





2014年8月18日 (月)

お花を飾りましょう Vol.96

8月もお盆を過ぎました。
朝夕の風に少し涼しさとともに、秋の気配を感じます。

学校の夏休みもあとわずか、夏の最後をトロピカルなイメージで束ねました。




花材は…

ヒオウギ
アジサイ
ケイトウ
モカラ
オオタニワタリ
モンステラ
ジャスミン


束ねていくうちに、最初のイメージからかけ離れ、最後はえいや〜で…。

2014年8月15日 (金)

チャンスは平等に、そして公平に

日々、私たちの目の前にはたくさんのチャンスが降り注いでいる。


それは明らかなものであったり、めだたないものだったり、ほんの一瞬だったり。
それでもみなに平等に降り注いでいる。

それを手にできるかどうかは、こちらが意識しているか、つかむ準備をしているかにかかっている。

目を凝らして見ているか、いつ降ってきてもいいように手を差し出しておくのか、とにかく準備していない人には掴めないのだ。


もう一つのチャンスに公平なチャンスがある、それは努力しているものだけにもたらされるチャンスだ。

常にアンテナを張り巡らせ、アウトプットをし、常に明るくポジティブ。
こういう人にはあちこちからチャンスが集まってくる。人が運んでくるのだ。

二つのチャンスを掴むためには、常に謙虚であり、自分の能力を高め、感度を上げ、日々努力すること。これしかない。



2014年8月14日 (木)

いつもと違う夏

8月お盆。

毎年いろんな想いが交錯したまま、ご先祖様をお迎えする。


今年の夏は、いままでと全く違う心持ち。


寂しい気持ちが込み上げつつも、落ち着いている。


ほんとに迎えられたからだろうね。


出逢い、偶然、奇跡に感謝。
手を合わせながら想う…。


仕事は今週もフル活動。がんばろ〜(^^)



2014年8月12日 (火)

嘘と決心…

相手の気に入らないところ、嫌なところが増えることで、その人との関係が嫌になり、関係を断ちたいと思うのではない。


その人との関係を断ちたいと決めたときから、気に入らないところや嫌なところが目につくのだ。

自分に決心がなく、非を認めたくなく、嫌われたくなく、傷つきなくなく、相手の嫌なところや理由を探し、並べる…。自分の変化を相手のせいだと転嫁することで自分を守ろうとしているだけなのだ。


それはすべて嘘…。


ぶれない、決心ができているかどうかだ。

自分は決心し、自分のやれることをやりぬくだけ。


2014年8月11日 (月)

お花を飾りましょう Vol.95

お盆の週。
今週はおやすみの方も多いでしょう。
ご先祖さまのお迎えなどきちんとやっておきたいですね。

と言うことで、今週はお盆を意識しつつ、でも暗くならないように、束ねました。





花材は…

トルコギキョウ
カーネーション
バラ
ベロニカ
ベビーハンズ

ベロニカは最近、エチオピアから輸入される石化タイプのおしゃれなタイプを目にしますが、野花として咲いているベロニカ(トラノオ)は盆花としてよく使われるんですよね〜。

2014年8月 4日 (月)

過去は変えられない…。

過去が今の自分を作っているのではない。


未来は誰にもわからない。だが不安がる必要はない。


大切なのは今この時。
今にすぺてを注ぎ、集中する。


その積み重なりが未来を作るのだ。


人生は今という点の集まり。

たった今、人生を終えても何も悪いことでも、もったいないことでもない。

今、この日、この時を大切にすることがやるべきことなのだ。

おかえり

良く帰ってきてくれたね。

こんな日がほんとにくるとは思えなかったから、ほんとに嬉しい。


僕の一番の応援団。

どれだけ勇気付けられていたかを知ったのは、いなくなってから…。

また応援してくれよな。
背中を押してくれたひとと共に。

お花を飾りましょう Vol.95

8月、夏最後の月。
残り少ない夏を意識して
夏の代表的な花で束ねてみました。





花材は…

トルコギキョウ
アジサイ2種
へデラ

輝く8月にしよう!

2014年8月 1日 (金)

変われるのは…

うまくいっていない人間関係…。



それを作り出しているのは実は他人や環境ではない。

自分の言動に理由があるように、他人の言動にもその理由がある。
そもそも自分が期待するように他人を変え、支配することはできないのだ。


自分を変えられるのは自分だけ。


自分とまわりの人とには線があることを意識することから始めると、きっと楽になるよ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »