2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月25日 (水)

お花を飾りましょう Vol.90

お花を飾り始めて今回で90回目。

いろんな想いではじめ、とりあえず100回を目標に続けてきました。
その目標まであと10回。

途中から自分で束ね、飾るようにしましたが、技術もなく、よくわからないまま恥をしのんで続けてきました。

飾り続けて改めて実感したのはお花のパワー。
殺風景な廊下に彩りが、人の会話が増え、自分自身も癒される。

自分のためにも可能な限り続けて行きたいと思います。


で、今週はいろんなトルコギキョウにいろんな葉っぱでまとめました。










花材は…

トルコギキョウ
プリムラ・シネンシス
モンステラ
レックスベゴニア3種
ラムズイヤー


思わず触りたくなるラムズイヤー、静かなる人気です。

2014年6月20日 (金)

会えるといいな

6月20日と21日…。

一年で最も心さわぐ日。


19年、一度しか会えなかったけど、
今年は会えるといいな。

2014年6月16日 (月)

お花を飾りましょう Vol.89

6月も折り返し、いろいろな業務が入り乱れる時期に入ってきました。
PCのディスプレイとのにらめっこの時間も長くなり、目にも披露が溜まります。

今週はそんな疲れ目に優しいグリーンの濃淡でまとめてみました。





花材は…

アナベル
トルコギキョウ
ローズゼラニウム
シッサス ガーランド


ガーランドの赤味がグリーンを引き立たせてくれます。柔らかくて自由度が高く、花束にもとても使いやすいですね〜 サイコー

2014年6月15日 (日)

癒しの寄せ植え Vol.4

鮮度保持剤のテストを頼みに花屋さんへ。

ドアを開けてそっとのぞくと、お店の方が何やらもくもくと作業中。


僕に気づいたその方と挨拶したあと、作業スペースに目を移すと…。


そこには多肉の寄せ植えが。

大小や色合いがさまざまな多肉が絶妙なバランスで同居していて、なんとも言えない雰囲気を漂わせていました。


聞くと一度商品としての役目を終えたポットの多肉たちを一つ一つ拾い集め、寄せ植えとして再生しているとのこと。

その想いとプロとしての仕事の確からしさに、感動してしまいました。

自分も自分の仕事にしっかりプロ意識を持たなければと改めて想いました。




連れて帰りたかったのですが、まだ作業中のようでしたので、次の機会に…。

花の仕事に携わって20数年、まだまだ知らないことばかり。
素晴らしい人に、素晴らしい花に
もっと学んでいきたいと思います(^^)

2014年6月10日 (火)

癒しの寄せ植え Vol.3

また出逢いました…。癒しの寄せ植え。

器の中で調和する植物達。

光る個性が消えず、影響し合う。


ほんとうに癒される…。

こんな寄せ植えが街に溢れたらどんなに素敵だろう。
きっとみんな笑顔が絶えないはず。

そうなるといいな


2014年6月 9日 (月)

お花を飾りましょう Vol.88

梅雨の合間の晴れ?と思いきやパラパラと降る雨…。
いろいろと動きにくい天気です。


晴れると暑いので、ほどよい雨、くもりは一日過ごしやすいですが、朝のお日さまはやっぱり欲しいですね〜。

人間は朝日を浴びて体内時計のズレを調整するらしいですし、何と言ってもヤル気ホルモンのセロトニンは朝日を浴びることで出てきます。

梅雨時期はお日さまが足りずに気分が沈みがちになるもの。
実際、曇天続きの秋のヨーロッパに2週間いた時は調子あがりませんでした。


そんな梅雨時期に少しでも元気をだすには、やっぱり明るいお花を飾るのが一番!
今週はお日さまがわりにヒマワリにしました。





花材は…

ヒマワリ
ジニア
アジサイ2種
ジャスミン
ブルーベリー
クレマチス実

ヒマワリはトミーのヒマワリ。
茎が細くてもしっかり、花のサイズもいい感じ。
年々、技術があがって頼もしいですね〜

2014年6月 6日 (金)

懺悔の月には

6月…。

気持ちが安定しない、嫌いな月。
雨のせいかな?

自分自身の過去からこれまでを振り返る。


過去に戻れれば、もっと良い選択が出来ただろうか…。

今の自分は何をすればよい?

どうすれば許される?


できないことは考えてもしょうがない…か。











2014年6月 2日 (月)

癒しの寄せ植え Vol.2

癒しの寄せ植え…。

あまりに衝撃的だったので、自分のブログに記していきたいと思います。

僕が最も敬うフローリストは、訳あって今はフローリストの仕事をしていません。

その作品はほとんど記録しなかったので、今や記憶の中だけの存在。ちゃんと記録しなかったことを後悔しています。

そして、癒しの寄せ植え。
この寄せ植えを作るアーティストは僕が最も敬う寄せ植えアーティスト。


自分のためにも記録を残さねば、同じ後悔はしたくないと思いました。


だれも持ち得ないであろう感覚を持っているとしか思えないテイスト。
眺めている引き込まれ、気持ちが癒される…。

ナチュラルですべての植物が調和し、ずっと前から一緒にいたようなオーラが出ている。
ほんとに素晴らしいです。





アジサイの寄せ植え。
すべての植物が生き生きしてます。


こんな感覚を持ち得たらどんなに素晴らしいか…。
凡人は羨ましい限りですが、寄せ植えを見ることができれば幸せです。

お花を飾りましょう Vol.87

6月に入りました。天気はグズグズ、梅雨の足音が聞こえてきます。
予報では6月は少雨傾向とか…。

昨日は夏本番のような暑さでハウスの中はすごい状態でした。集中してたら水分取るのを忘れてた〜。
危ない、危ない(>_<)

今週は大好きなアジサイに大好きな小花を集めてみました。

いつもこんなにいろいろ使いたんですけどね〜
予算が…。




花材は…

アジサイ
カリフォルニアライラック
スカビオサ
アストランチア
クレマチス

小花はやっぱり欠かせません。
みやざきではほとんど生産されていないものばかり…。
こんな花達を生産しても経営できないのか?
だったら、経営できる仕組みを作ればいいんだわ〜。

つくろう、つくろう‼

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »