2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月28日 (水)

自分を信じる

交配を重ねる日々…。

考えているのは、自分が欲しいと思うニュアンスの花、使ってもらいたいひとのための花、この二つの花を生み出すということ。

共感してくれるひとがひとりでもいい。

そのひとだけのためにでもかまわない。


この想いは自分のバックボーン。


自分を信じ、つらぬきたいです。




って言っても大したもの作れないんですけどね。

2014年5月26日 (月)

お花を飾りましょう Vol.86

今朝は夜明け前からの雨…。
結構降りました。
頭を冷やすにはちょうどいい雨かも…。

雨と言えばアジサイです。
実家の庭に咲きはじめたアジサイを束ねました。




花材は…

アジサイ2種
スプレーカーネーション
スプレーバラ
ベビーハンズ

昼からカラッと晴れて、記事の前半は何?という感じでした。暑い暑い(汗)

2014年5月19日 (月)

お花を飾りましょう Vol.85

母の日空け、まだまだ疲れが残ってる?
鮮やかな色を見て、元気を出しましょう。




花材は…

ガーベラ
スプレーバラ
ローズゼラニウム
スペアミント
ベゴニア葉
ベビーハンズ


ガーベラ、もっと勉強しよう

2014年5月18日 (日)

そこにしか無いもの

17日づけの新聞に一部上場企業の3月期決算の純利益が過去最高との記事が。

と言っても、このままデフレ脱却に向かうわけでもなく、見通しは微妙なまま。

はっきり言えるのは、バブル景気が再来することはないし、企業間格差はさらに鮮明になるということ。


長いデフレを経験した社会では、みんな安物買いに慣らされている。
さらに欲しいと願うものはおおむね手にいれている。

消費者と向き合い商品を作り上げ、売るという農業もまた、その社会を形づくる産業の一つ。

消費者とどう向き合うか…。

こんな時こそ、流されないこと。


自分にしかできないこと、そこにしかないもの、
突き抜けたテイスト、それをより際立たせること。

消費者から見れば、それがわかりやすく、買う理由になる。それを求める人が自然に集まってくる。

万人に売れるものなどまれ。

自分の感覚を研ぎ澄ませ、妥協しない。
そんな姿勢は必ず商品、作品に表れる。

独自化を図る。

それがこれから求められること。

そこにしかない、そこでしか手に入らない…だよ。

2014年5月15日 (木)

デルフィニウム品種検討会

昨日、中部地区の生産者を対象にデルフィニウムの検討会が開催されました。

各生産者の品種構成と出荷計画を擦り合わせ、よりよい出荷体制を構築するのが狙いです。

これまでオリジナル品種を核に産地化が進められてきましたが、ブルー系のオリジナル品種がなかったため、市販品種も一部採用していました。

今回の検討では試験場から新しいブルー系品種の育成に目処がだったとの説明がありました。


いよいよ期待の色がでてきそうで、今後がとても楽しみです。
生産者にはこれらの品種をしっかりと作り、支えて欲しいものです。

今年の12月が楽しみです。



2014年5月12日 (月)

花の癒し効果はある?ない?

花には人を癒す力がある。

花に関わる人なら一度とは言わず、使ったフレーズ。
これまで自分自身の体験やまわりの人たちのコトバから、そうだと信じていました。

近年、花に人を癒す力があることが、医学的に証明されました。

どういうことかというと…

花の置いてある部屋と置いていない部屋では、置いてある部屋にいる人の方が、交感神経活動が低下し、副交感神経活動が活発になるていうことです。

交感神経活動が高まると血管が収縮し、血圧が高まるなど、ストレスがかかります。
逆に副交感神経活動が活発になるとリラックスします。
つまり、花を置いている部屋にいる人はリラックスする傾向にある、癒されているということです‼

これからはそうだと信じていたことを、根拠に基づいて伝えることができますね(^^)

詳細はこちら花の癒し



2014年5月 9日 (金)

お花を飾りましょう Vol.84

母の日直前の今週、昨日から出勤だったので、昨日から花を飾ることに…。

今週はたった二日の平日ですが、それでも花は飾らなきゃね〜




花材は…。

カーネーション
トルコギキョウ(満石さんの)
アルストロメリア
ナルコユリ
ジャスミン
…名前忘れた。


なかなかうまくできませんが、母の日に向けて束ねました(^^)

2014年5月 8日 (木)

癒しの寄せ植え

仕事がらというか、個人的な趣味でもいろんな花やガーデニング、寄せ植えを目にします。

それも県内外、相当数見てきました。

そんな僕が間違いなく、他にない感覚を持った寄せ植え。
鉢におさまるすべての植物が生き生きし、寄せ植え全体からやさしさが溢れています。
包まれたいオーラがでている。

写真が撮れた一部です。

単なる僕の好み、ではないと思います。

きっと、作り手の気持ちが出ているんですね。

こんな寄せ植えが作れるようになりたい…。
僕の願いです。

その前にまずは、人間磨きが先かな^^;

2014年5月 6日 (火)

自分にできること

人は誰かのために生きている。

人や社会のために生きている。

でも人は利己的なもの。
自分が好きなことだけをしたいもの。

相反する…。


でも自分の好きなことなら、いくらでも続けられる。つらいことも我慢できる。
好きなことなら極めたくなる。

好きなことを追求し、極めれば、きっと誰かのためになる。


好きなことを突き抜けるくらい極め尽くす。

結局、これが万人ではなくても誰かのため、人のため、社会のためになるのだ。

好きなこと、花のことならいくらでも没頭できる。
追求したい、極めたい。すべてのエネルギーを注ぎたい。


きっとそれが誰かのためになると信じて。
それが唯一、自分にできること。

2014年5月 5日 (月)

美ら海トルコを訪ねて

先週の木、金で沖縄へ行ってきました。

目的は、ここ最近、評価が急上昇の沖縄のトルコギキョウの状況を直接この目で、耳で、肌で確認するためです。

冬場のトルコギキョウの適地と言われてウン十年の宮崎。
なかなか産地の拡大がはかれず、大きく減りもせず、増えもせず…。

沖縄で産地拡大&品質向上がなぜできたのか?
沖縄の出荷時期は4月と宮崎の出荷時期とかぶります。
ますます気になる沖縄…。


那覇に到着後、すぐに東村へ。
このあたりの土壌は赤茶けた強酸性土壌。まわりに目にするのは酸性を好むパイン畑。
こんな土で…。

ハウスではこの土で作ったとは信じられないくらいバッチリのトルコギキョウが咲いてました。






摘蕾もしっかりとでき、花首も徒長しておらず、かたく、でも花はしっかり大きい。
素晴らしいできでした。
話しを聞くと、特別なことは何もせず、土壌分析の結果に基づき、最適なかん水、施肥を行ったとのこと。基本に忠実にということです。

二日目はJA沖縄の3軒におじゃましました。うち2軒はトルコギキョウを初めて栽培したとのこと。
指導どおりにしっかりと栽培した結果、生育も揃い、品質も高いものでした。







初めてでこれとは…。うち、負けてる?

80センチの規格なほとんど収まり、単価もなかなか良く、無加温で重油代ゼロ。
到底コストのみでは勝てません。

宮崎はこの現状を知りどうするのか?
大きい宿題をもらいました。

2014年5月 2日 (金)

お花を飾りましょう Vol.83

今週飾っているお花。

気温も上がってきましたし、爽やか系でまとめました。



花材は…

デルフィニウム
クレマチス
ベビーハンズ

デルフィのブルーと白。ビチセラ系クレマの香り。
癒されるわ〜

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »