2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ
フォト

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月25日 (水)

カペラ

デルフィニウムのみやざきオリジナル品種『カペラ』。
大輪で透き通るようなラベンダーの花色で、ひときわ目立つ存在感のあるこの品種は、大田花きの前デルフィ担当の佐野さんに見出され、品種としてデビューしました。

その見たてどおり2007年のジャパンフラワーセレクションで入賞し、入場者の人気投票では、あのダリアの『黒蝶』を抑え、堂々の一位に輝きました。


みやざきが誇る品種『カペラ』。実はあまり栽培されていません。

それはなぜか⁇


良い品質に仕上げるのが難しいのです。
オリジナル品種の中で最も大輪の花を50個もつけるそのボリュームに耐えられるステムに仕上げるのが難しいのです。

毎年、二人程度の作付けでわずかな出荷です。今年も栽培者は少ないですが、数量はやや増。


一月の出荷に向けて細やかな管理がつづいています。
なんとか最高のラベンダーを届けたいと思います。

きっとこの品種を見たら他のラベンダーの品種はかすんでしまうでしょう。


乞うご期待‼ と言い切りたい…。頑張ります。



2013年12月24日 (火)

お花を飾りましょう Vol.69

今年もあと8日。
今年最後の花はトミーのダリア『マジックピンク』をメインに。

みやざきの花への厳しい環境は変わりませんが、可能な限り仕掛けていきたいと思います。






花材は…

ダリア
キイチゴ


シンプルに

2013年12月23日 (月)

トミーのダリア 一番花も終盤

ダイアナフラワーグループのトミーのハウスでは、
ダリアの一番花が終盤を迎えています。

昨年、増設したハウスでは9月定植分が開花中です。



ミッチャン。しまったなかなかの品質です。



トミーと言えば『ラララ』。赤と白のバランスがいいですね。



今年増やした『ヘブンリーピース』。よく揃って大輪を咲かせています。



トミーオリジナル 『セクシャルバイオレット』
なんとも言えない色合い…。素敵です。





トミーのもう一つの経営の柱『デルフィニウム』
新しい栽培方法にチャレンジ中。


宮崎のダリア生産を牽引するトミー。
毎年チャレンジを続け、新たな領域に到達間近です。

2013年12月17日 (火)

ヤマ場の一週間

昨日のスイートピー検討会でスタートした一週間。
今後を占う大切な一週間になりそうです。

17日の今日は、花き関係者の研修会。試験場の研究成果や普及指導員の活動成果の発表があります。

18日は…。ナイショです(^^)

19日は午前中は推進している露地花きの研修会。
花屋さんとも連携した取り組みです。
午後はトルコギキョウの研修会。
生産拡大を図りたい冬のトルコ、数少ない適地としてもっと真剣に取り組まなければなりません。

20日はスイートピー栽培ハウスへの環境測定装置の設置検討。太陽の子とも言われる繊細な花。技術の高い生産者のほ場環境のデータ収集を行います。


踏ん張りどころの一週間です!

2013年12月16日 (月)

ニーズ追求では遅い

マーケットイン…

ムム?

消費者ニーズ…

ん?


ニーズからは新しいもの、輝くものは生み出せない。未来には辿り着けない。
現在の変化の激しい消費者の動きを捉え、今のニーズにほんとに対応できるのか?

意識すべきはウォンツ、潜在欲求だ。

クリエイターは徹底的にとんがらなければダメだ。

消費者のニーズを超えたところを目指し、提案するのだ。

モノづくりもおんなじです。



2013年12月15日 (日)

スイートピーフェア

13日の金曜日(変な意味ではありません。知らない?)から宮崎市内の花屋さん『花villa』さんで開催されているJAはまゆうのスイートピーフェアにお邪魔してきました。(本日17時まで)

お店に入ってすぐのところにJAはまゆうが誇る品種の数々が整列!
ナチュラルから染めまでバラエティーが豊富。
はまゆうの売りの一つですね。

1387093055829.jpg

花屋さんでのフェアは、市場や仲卸で行うのと違い、消費者の反応に直に触れることができます。

このチャンスをいかそうと、品種の人気投票やアンケート調査を行っていました。
アンケートを答えた方にはスイートピーのプレゼント。みんな幸せ。

1387093057938.jpg

生産者も積極的、スイートピーのPRに取り組んでました。とても熱心に技術を追求している生産者が花屋さんとも積極的に交流しています。
生産者の一人、渡辺さんは金曜日に引き続き、店頭に立ち、PRを行っていました。

1387093059119.jpg

もちろん、JA担当者、普及指導員も一緒にPR!
この一体感が大事です。

あ、Dゾノさんの写真、取り忘れました。
とても頑張ってました。すみません。

1387093060546.jpg

生産者の持つさまざまな情報は、花屋さんにとって売るための付加価値になります。
花屋さんの持つ細やかな情報は、商品づくりのヒントになります。
スピードが求められるこの時代、産地と花屋さんが直接、情報を共有することが、これまで以上に重要です。

年明け以降もこのような取り組みが他の品目でも企画中〜。

今年の冬は熱くなりそうです‼

止まってたら置いていかれますよ〜
頑張りましょう‼

1387093061477.jpg

2013年12月10日 (火)

お花を飾りましょう Vol.68

12月に入り冬春ものの出荷が増え、お花屋さんの花も彩り豊富。
気温も下がって日持ちも長くなり、花を飾る楽しさが増します。

今週は一番花の出荷ピークのトミーのダリアをメインにまとめました。

ダリアは品種によって上向きなものと横向きなものがありますが、今回使った品種は横向きの『ミッチャン』。

普通に束ねると顔が下を向いてしまい…。

どーすれば良いかよくわからないので、
あっちこっちに顔を向けて見ました。

今度、束ねかたを花屋さんに聞いて見なくちゃ。

1386627047539.jpg


花材は…

トミーのダリア
バラ
シキミア
宿根スイートピー
キイチゴ
レモンリーフ
ローズマリー


これからいろんなダリアを飾っていこ〜

2013年12月 9日 (月)

九州山口普及指導員交流会

7、8日の二日間、大分県で開催された第21回九州山口花き担当普及指導員等交流会に参加してきました。
毎年各県の持ち回りで開催されるこの会は、やる気満々の普及指導員が自費で参加する交流会です。

各県で同じ志を持ち、活動する方々との交流は、とても刺激になり、学ぶことばかりです。


今回の大分県は積極的な基盤整備を進め、花きの生産振興を図っています。
みやざきの生産者からは大分県のような支援はないのか?と良く言われたものです。

特に近年のキクの生産団地化を進める手法はなかなかのものがあり、今回の現地視察はとても楽しみにしていました。

現地視察では施設の高度化を図ったキク生産とストックの直播き栽培を見せていただきました。

最初は株式会社花未来さん。


1386558627996.jpg
ハウスは軒高の高いフェンロー型温室。
みやざきではお目にかかれません。
被覆資材はエフクリーンナシジ。
散乱光で光条件のムラを無くします。軒高が高いので効果がさらに高まります。


1386558633416.jpg

中はフル装備。びっくりしたのは光源がすべてLEDだったこと。大分でもここだけだそうです。

1386558641033.jpg
自走式防除機で省力化

1386558645599.jpg
見事に揃った晃花の富士が育っていました。
年3作の輪ギク生産。素晴らしいです。

この後は直播きストック栽培を見せていただきました。95%を超える八重鑑別、脅威的でした。


現地視察を終え、夜の懇親会。
各県のお酒が飲めるのもこの会ならでは。
お酒の力も借りながら、いろいろと意見交換をさせていただきました。

そして、二日目は室内検討。
今回のテーマは省エネ、省力化。
各県のさまざまな取り組みを知ることができました。

一週間、出張や研修でハードだった週末はきついなぁと思って参加した二日目でしたが、とても刺激を受け、モチベーションをあげることができました。

今週もがんばろ〜


大分県のみなさま、たいへんお世話になりました。
ありがとうございました‼

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »