2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト

« お花を飾りましょう Vol.52 | トップページ | お花を飾りましょう Vol.53 »

2013年7月29日 (月)

ビジョンの確からしさ

自分のやっていること、やろうとしていることは、ほんとに意味があるのか?社会の役にたっているのか?
単なる興味の大きさで仕事を選んでいないのか?
そもそも、自分たちがやるべきものなのか?


自分が思い描くビジョンは的を得ているのか?
現場と乖離していないのか?
机上の空論ではないのか?


先月にオランダを参考に施設園芸の大規模化との報道があった。
現状にはすべて背景がある。
オランダの現状を目の当たりにして考えなければならないのは、その現状に至った背景と日本の状況との違いから見えてくるのが何かだ。

多くを占めている現場ではなく、先進的と自分たちが呼ぶ事例を見て、将来ビジョンを語ろうとする。

誘導したい方向に合致する事例のみを捉え、空想の現場をつくり、ビジョンを示す。

ほんとのビジョンは生きた現場を広く知らなければ、見えてこない。

失敗を恐れては道は開けないが、離見を忘れず、自分の能力もわきまえながら、前に進みたい。

« お花を飾りましょう Vol.52 | トップページ | お花を飾りましょう Vol.53 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214868/57885298

この記事へのトラックバック一覧です: ビジョンの確からしさ:

« お花を飾りましょう Vol.52 | トップページ | お花を飾りましょう Vol.53 »