2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト

« 待っていても何も始まらない | トップページ | お花を飾りましょう Vol.40 »

2013年4月17日 (水)

新緑眩しい西臼杵へ

昨日は出荷のほぼ終わったスイートピー、ラナンキュラス、それから栽培の始まっているホオズキの状況の確認に西臼杵を訪ねました。

日之影、高千穂、五ヶ瀬の山々はあちこちで若葉が芽吹き、新緑が眩しく、エネルギーが溢れだしているようでした。

出荷がほぼ終わりのラナンキュラスやスイートピー。
五ヶ瀬のラナンキュラスや高千穂のスイートピーはまだまだボリューム感のある花を咲かせていました。まだ必要としている人はいないものか、そんな人と産地とのダイレクトなマッチングが必要です。

1366197533356.jpg

1366197541433.jpg

日之影の花き団地では穣くんとあゆみさんの二人の花作りがスタートしています。

来月頭には愛情たっぷりのヒマワリの出荷が始まります。あついあつい!
その後にはトルコギキョウが待っています。
冬場はラナンキュラスに再チャレンジ。

1366197550131.jpg

そして匠は今年もぬかりなし、最高の球根ができています。
地域を若者を部会をその人柄で、技術で、姿勢で牽引しています。

1366197558727.jpg

県全体でならすと減少している花き生産ですが、一つ一つをしっかり見ると、チャンスはたくさんあるし、伸びてる産地、品目はあるのです。
時代も社会も変化している中で、変化しないということは後退を意味します。

西臼杵のような前向きに積極的にチャレンジする産地が一つでも増えるように全力をあげてやるのみです!

1366197566864.jpg

« 待っていても何も始まらない | トップページ | お花を飾りましょう Vol.40 »

その他花き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214868/57193309

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑眩しい西臼杵へ:

« 待っていても何も始まらない | トップページ | お花を飾りましょう Vol.40 »