2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト

« お花を飾りましょう Vol.9 | トップページ | 台風、接近しています »

2012年6月15日 (金)

お花を飾りましょう Vol.10

greenに続いては、鮮やかな色合わせです。

梅雨の暗い気分吹き飛ばして、明るい気持ちになりますね。

1339730857388.jpg


花材は…
ジニア
マリーゴールド
トルコギキョウ
エピデンドラム
アスター
スターチス

頑張れそう

« お花を飾りましょう Vol.9 | トップページ | 台風、接近しています »

フラワーデザイン」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、宮崎花blogさんのリンクで訪問しました。
いつもperoさんの素敵な写真と文を楽しんでおります。

私も県の花関係の仕事をしており、
プライベートでも花を趣味で育てています。
特にシクラメン、バラ、クレマチス、球根植物を中心にですが。

昨年の長崎の交流会で、
少しだけご挨拶させていただきました。

今後もちょくちょくブログ拝見させて下さいhappy01

kamomeさん

こんにちは。
 
ブログを見ていただきありがとうございます。
未だに稚拙な文章で恥ずかしいかぎりです。
推敲なしで、ただ勢いで書いてそのまま送信....。
あとで見て反省。 その繰り返しです。(反省してませんね)
 
 
ご自分で花を育ててらっしゃるのですね。
品目の選択もなかなか素晴らしいです。
 
バラは研究機関にいた時に担当していたので、
今でも育てたい花の一つです。
でも、自分の中でなぜかハードルをあげてしまい、
香りがすきなブルームーン1株を鉢に植えているだけです。
 
他の花も栽培が難しいものばかり。すごいですね。
 
僕もチャレンジしてみたいです。
 
 
また、交流会でお会いできるといいですね。

peroさま

お返事ありがとうございます。
プライベートの花栽培は、趣味でやっている程度ですので、
気負いせず、楽しみながらしています。
バラですが、peroさんは研究されていたとのことで、
お詳しいと思いますが、
私もバラはどうしても香りを優先して、品種を選んでしまいます。
今気に入っている品種は、‘ドフトボルケ’という朱色大輪のハイブリッドティです。
‘ブルームーン’を育種したドイツのTantau作出品種です。
バラの香水とフルーツにも似た香りが心地よいです。
花の香りは大事ですね。
他にも、ブルー系の品種も好きで、‘ブルームーン’、‘ブルーシャトー’、‘青龍’なども育てていますが、‘ブルームーン’以外のブルー系品種は、花色優先で育種されているせいか、ちょっと栽培が難しいと感じています。
ベランダで育てているため、これ以上バラを増やさないと言い聞かせながらも、
気に入った花を見てしまうと、つい手が動いてしまいます・・・。

シクラメンは、学生時代に研究していたこともあり、思い入れがある花の一つです。
豪華な園芸品種も好きですが、コウム等の原種系を多く育てています。
コウムは地植え可能で耐寒性、耐暑性に優れ、花も結構咲くため、
ガーデンシクラメンとして利用できないか、個人的に考えています。
仲良くさせてもらっているシクラメン農家さんに、実は今試作してもらっています。

peroさんはプライベートで育種もされていることで、すごいですね!
私も場所があれば、いろいろやりたいのですが・・・。
今は原種シクラメンの実生選抜くらいです。

私はまだ県に入って5年足らずで、
まだまだ分からないことも多く、日々勉強ですが、
こちらこそ、交流会等でお会いできましたら、
よろしくお願いします。

p.s.ちなみに私は佐賀におります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214868/54965582

この記事へのトラックバック一覧です: お花を飾りましょう Vol.10:

« お花を飾りましょう Vol.9 | トップページ | 台風、接近しています »