2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ
フォト

« 農業のあいまいさ | トップページ | 自然な色 »

2012年6月27日 (水)

親分とアスターと夏

ヤスタケ親分、今年の夏は新たなチャレンジです。

先日、普及指導員のKくんにヤスタケオヤビンのハウスに連れて行ってもらいました。
3月までラナンキュラスが綺麗に咲いていたハウスを覗くと…。

そこにはなんとアスターが。

とってもきれいに揃っていました。

さすが親分。これは理屈ではなく、センスですな。
しっかり作れてる生産者に共通していることです。

1340791955303.jpg


注文をつけるとすれば、一つだけ。
マメハの防除ですね。


アスターはマメハモグリバエの加害を受ける代表的な花。
この害虫は殺虫剤をまくとかえって増えてしまうという現象、リサージェンスを引き起こす教科書的な害虫です。

マメハには30種類にも及ぶほどの土着天敵が存在します。
露地で意外と被害が広がらないのもそのおかげ。

その天敵は農薬に弱いのでマメハへの合ピレ、有機リン系の農薬散布で簡単に死んじゃうんですね。
そうすると生き残っていたマメハには天敵なしの天国。あっという間に大増殖です。

親分の今後の薬剤選択を伺ったところちゃんとツボを抑えていたので、予定どおり実行できれば問題ないでしょう。


親分の夏がアスターとともに、素晴らしいものになることを願ってます。

« 農業のあいまいさ | トップページ | 自然な色 »

その他花き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214868/55065067

この記事へのトラックバック一覧です: 親分とアスターと夏:

« 農業のあいまいさ | トップページ | 自然な色 »