2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト

« お花を飾りましょう Vol.5 Mother's day | トップページ | 最適化では到達できない »

2012年5月 8日 (火)

球根肥大中〜

球根養成用の実生ラナンキュラスは開花も終わり、あとは球根堀上の日まで
地中でもりもり育つばかりです。
 
球根から切り花を収穫し、その後に球根養成を行う場合は、切り花を終えるまでに
かなり消耗しているので、3月には肥大が始まり5月には肥大が終了します。
この実生については、まだまだ元気で新しい根も伸び始めている状態です。
既に根が肥大し、球根の様相になってきましたが、これからまだまだ
成長します。
 
ラナンキュラスの原産地は地中海性気候。
雨季と乾季がはっきりしており、花が終わった後はどっちかというと.....
 
乾季に向かっていきます!
 
ラナンキュラス球根がガラガラに乾いても枯死する事がないのは
この気候に適応した結果なのです。
かえって水分があると腐っちゃいますね。
 
みやざきのラナンキュラスと言えばJA高千穂地区。
農業試験場が平成7年に日之影町で現地試験をスタートさせたのが
西臼杵でのラナンキュラスのはじまりです。 
 
その後、いろいろな方々がつないで、つないで今の産地ができあがりました。
 
県内には他にも産地の芽生えが見られます。
課題もいろいろと出てきていますが、それは動きのある証拠。
そもそも課題のない品目は発展性がないってこと。
 
やらねばならないことは山積みです。
 
関係者がそれぞれの立場でやるべきことをしっかりやる。
それをやらずして何も語れませ〜ん。
  
がんばりましょう。

Dsc07734


« お花を飾りましょう Vol.5 Mother's day | トップページ | 最適化では到達できない »

ラナンキュラス」カテゴリの記事

コメント

立派な球根ですね。
うちのラナンはほとんど灰色かび病にやられ
失敗しました。来年こそ頑張ります。

らむまるさん

定植が予定より遅れたので、ちょっと心配しましたが、
3月以降の気温が低めで推移し、4月からの好天続きで
順調に生育しました。
 
灰色かび病ですか。
 
2〜3月は天候が不安定なので気が抜けないですね。
病気の発生には主因(病原)、素因(作物の性質)、誘因(発病環境)の三つの要素が必要です。
一つでも条件が満たされないと病気は発生しません。
灰色かび病の発生要因は湿度(濡れ)ですので、
ちょっとした湿度管理の工夫で、大幅に発生を減らせます。
来年はチャレンジしてみてください。
 

今年から就農できそうです。
大好きなラナンキュラスとともに生活できる
日々が始まります。
うれしくもあり不安もあります。
妊娠した時と同じ気持ちです。
どこかでぺロさんとお会いできることを楽しみにしています。
その時はどうぞよろしくお願いします。

まるらむさん
 
就農されるのですね。
おめでとうございます。
 
いろいろと大変なこともあると思いますが、
大好きな仕事であればそれも乗り越えられると思います。
 
成功する事を祈っています。
 
何かありましたらいつでもお尋ねください。
私もどこかでお会いするのを楽しみにしております。
 
よろしくお願いします。

何回もすみません。
初心者のための研修会というのはあるのでしょうか?
それには、だれでも参加していいのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214868/54666331

この記事へのトラックバック一覧です: 球根肥大中〜:

« お花を飾りましょう Vol.5 Mother's day | トップページ | 最適化では到達できない »