2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« 春の芽吹き | トップページ | 大分の方々との交流、そして長崎へ »

2012年3月13日 (火)

すごいぞ! 高知 その3

高知への研修の旅、2日目です。
 
この日はトルコギキョウのブリーダーを訪ねて宮崎に帰る予定でしたが、
少し時間がありそうでしたので、事前の検討でもう1カ所、生産者のほ場を
訪ねる事にしました。
 
早朝、レンタカーでホテルを出発し、高速道路を飛ばしました。
ようやくほ場近くについたかと思いきや....。
降りるはずのインターで降りれず、結局高速の終点まで走るハメに。
 
事前に降りそこなわないようにと注意されていたのですが、
ナビに忠実に走っていたら、降り口を通り過ぎてしまったのです。
 
Uターンしてまた同じ高速を戻り、約束の時間よりちょっと遅れて到着です。
 
 
ブリーダーの方にはトルコギキョウの育種ほ場から、その他の品目のほ場など
すべて案内していただきました。

Dsc06990
トルコギキョウの育種ほ場で、現在の育種の方向性などを説明していただきました。
 
Dsc06989
3〜4月開花の作型で交配するとのことで、ほとんど開花はしていませんでしたが、
かなり幅広く取り組まれているのがよくわかりました。
 

栽培品種はトルコギキョウだけではありません。
パンジー、ビオラの切り花生産にも取り組んでいました。
Dsc07008
 
パンジーの切り花は出荷規格の長さを確保するため、咲いてくる花を次々と
摘み取らなければなりません。気のなが〜い作業です。
Dsc07010
  
小輪パープル系。
Dsc07011
 
このビオラ、実は宮崎に戻った後、良くおじゃまする花屋さんで再会しました。
なんと、花屋さんが大田花きから引いていたのです。
何か見覚えのある顔のビオラだなと伝票を見せてもらったら、そこにはブリーダーの
名前が....。 世の中狭いものですね。
  
 
グロリーオーサです。
Dsc07016
  
ルーピンの切り花です。とてもかわいいルーピンで、栽培法もおもしろかった。
Dsc07018
 
このあともいろんなものを見せていただきました。ありがとうございました。
  
 
予想以上に盛りだくさんだったため、予定より少し遅れてほ場を後にしました。
近くの道の駅で食事を取ったあと、もう1カ所のほ場を訪ねるため、
また高速へ。
 
ところが、ここでまたまたミスを....。
反対方向に高速に乗ってしまい、また同じように終点まで走り、またUターンすることに。
 
 
時間があまりなかったので、高速をかっ飛ばし、少しは時間を確保し、なんとか
ほ場を見る事ができました。
 
最後の視察先はコサージュをめざした生産に取り組んでいました。
高知とは言え、やはり冬場は天候が不安定になる日もあります。
そこでもコサージュをめざして生産に取り組む覚悟には脱帽です。
その真剣さはやっぱり植物に乗り移っていました。
今年はとても作りにくかったはずですが、ハウスの中のトルコギキョウは
しっかりした花首の大輪の花を咲かせていました。
Dsc07047
この花首の充実具合。おもわずうなってしまいました。

Dsc07046


Dsc07055
残念な事に時間がなかったため、じっくりと話をさせていただくことができませんでした。
再びおじゃますることをお伝えし、高知空港経由で帰路につきました。
 
今回の高知への学びの旅、かなり濃密で充実したものとなりました。
 
受け入れに当たっては、たくさんの方々にお世話になりました。
ありがとうございました。
 
 

今月、ブリーダーを訪ねたいんですよね〜。只今、気持ちが揺らいでます。
あまりに仕事がたまっているから難しいかな。
 
 
 
*番外編*

宿泊したホテルでの出来事。
歓迎されているのはうれしいのですが、団体名が違ってます〜

Dsc06988
牡蠣は好物だけどねぇ。  花きですから。

« 春の芽吹き | トップページ | 大分の方々との交流、そして長崎へ »

トルコギキョウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214868/54213781

この記事へのトラックバック一覧です: すごいぞ! 高知 その3:

« 春の芽吹き | トップページ | 大分の方々との交流、そして長崎へ »