2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

今年を振り返って

今年は....
 
『動』の年でした。
 
 
昨年、今のポストに就いた際に4年間の計画をざっとたてました。
 
1年目、とてもその計画では対応できない事を知り、
 
1年目以上の動きで対応する事にした今年。
 
 
 
まわりからいろいろご意見をいただき、すべて理解できましたが
その通りにはいかない現実がありました。
 
また、自分のまわりでも大きな動きがいくつもあり、
ほんとに一瞬で過ぎていった感覚の1年でした。
 
無理をした事がない人は無理がききません。
要は少しだけでも高いレベルを体験する事はとても大切な事です。
 
 
要領よく、スマートに、ムダなつきあいはせず....
自己啓発の本にはそんな事がつらつらと書かれていることが多いですが、
なるほどと思ってはいけません。
僕たちは人間だもの...
 
 
来年は、計画では新展開の年の予定。
また、まわりのみんなと一緒にチャレンジしていきたいと思います。
 
大変お世話になりました。
良いお年を!

今年最後のスイートピー

今週、沿岸部と中山間地にスイートピーの生育状況を確認にいってきました。
 
10、11月の天候不順の影響をもろに受け、ほとんど出荷ができなかったスイートピー
ですが、年末になりようやく出荷がはじまりました。
 
今回訪問したほ場でもすばらしいスイートピーが咲きそろっており、
正直、ほっとしました。
 
例年からすれば(といっても近年はまともな年はありませんが...)
全くと言っていいほど出荷ができていませんが、出荷がほとんどなしとは
気持ちの面でも違います。
 
年が明けてから、本格的な出荷がはじまります。
1月からはスイートピーのほんとのシーズンと言えばそうですから、
これからの巻き返しを支援していきたいと思います。

Dsc06545
スイートピーにはやっぱりみやざきの青空が似合います。
 

Dsc06660
JA尾鈴の『ハッピー』。鮮やかなピンク色が映えますね。
 


Dsc06670
JA日向の『式部』。品質ばっちり

【トミーのデルフィ&ダリアNo.3】気持ちがはいる

デルフィニウムとダリアを生産しているダイアナフラワーグループのトミー。
愛弟子でもあり、尊敬できる農業者でもあり、ほんとにすばらしい青年です。
 
 
彼の実行力を見るたびに、己のいい加減さを反省することばかり。
 
トミーの花には彼の気持ちが入り込んでいます。
 
その姿が素直な感じ。変な生育をしていない素直に育った姿です。
見てて気持ちが良くなる、癒される花です。
 
 
 
来年もトミーの花を眺めていたいです。
 

Dsc06494


Dsc06493
来年も一緒にがんばろ〜ぜ〜


トルコギキョウ勝負の年

みやざきのトルコギキョウ
 
冬季の良好な日照条件を味方に、1〜3月にしっかりと輪数が確保することが
可能な全国でも数少ない産地です。
 
 
この自然条件を生かし、トルコギキョウの生産をもっと伸ばしたい。
 
トルコギキョウにかかわる関係者がみんな持っている共通の目標です。
 
 
来年こそはより具体的なプランとして取り組まなければなりません。
 
勝負の年になりそうです。

Dsc06491
こんな感じのお手本がみじかにあります。
 
コウジくん、やろうぜー!


【デルフィニウムプロジェクトNo.7】今年の出荷終わり〜

11月に出荷をスタートしたデルフィプロ。
今月29日の販売分をもって年内の出荷が終わりました。
 
ほんとにゼロからのスタートでしたので、途中、いろいろと問題が
発生しましたが、なんとか今年の終わりを迎えました。
 
新年早々、出荷の山が来そうですが、うまく乗り越えてくれるでしょう。
  
 
来年、デルフィプロは次のステップに移ります。
 
 
Dsc06484
Dsc06488

今月上旬に咲きそろったみやざきオリジナル品種『アリエス』
白地に覆輪掛かった薄紫が広がります。市場によっては賛否両論ありますが、
実際に使っている方の評価をなかなか知る事ができません。
 
価格も他の品種より格段に安い訳でもなく....。悪くない?ってこと
 
 


Dsc06486


2011年12月19日 (月)

スイートピー、ようやく

スイートピー、ようやく
スイートピー、ようやく
スイートピー、ようやく
曇天、高温で出荷が遅れていたスイートピー。

ようやく出荷がはじまりました。
まだ11月の影響を引きずり万全とはいきませんが、ほ場では香り高いきれいな花が咲いてきました。

お待たせしました。

客観

いろんな場面で重要な視点である「客観」

独善、我見が危ういことはどの道でも経験的にも理論的にも知られ、客観性が求められる。


僕たちが客観的思考の教育を受け始めるのが小学校低学年ごろの国語の授業から。

物語を読み、主人公になりながら、主人公の気持ちを推し測る。

小説を読むのもそう。
大人になっても同じこと
これがすべてではないけれども、この経験を経ていると間違いなくメタ認知が向上する。


これが欠けてると自分ができてるつもりで暗黒面に落ちてしまう。
  
 
離見の見
僕がいつも意識している言葉。

これも客観性が重要であることを説いている。

研究もやはり客観的な検定が欠かせない。


離見の見
もう一度客観的に見つめ直そう

2011年12月16日 (金)

課題解決研修会

課題解決研修会
昨日、農業試験場において県、関係機関、農家の会員で構成される協議会の花き部門研修会が開催されました。

農業試験場からの最新の研究成果やJA営農指導員、普及指導員の活動成果報告など幅広い課題について研修が行われました。

いずれも参考になる研究成果や活動で、若手のさらなる成長も感じることができました。


1人でできることなんて自分の身の回りのことぐらい、複雑化した問題ばかりの現状では個の力では太刀打ちできません。
突き抜けた個の力を集め集団での課題解決が必要です。
今回の研修会のような機会をそんな場に発展させなければなりませんね。

ところで、今回の僕のお仕事は、研修会の進行役でしたが…
やっぱり苦手です

2011年12月15日 (木)

ダリアの勉強会

12日、13日と奈良県農業総合センターの角川さんをお招きして、ダリアの勉強会が開催されました。

農業試験場が新たにダリアの研究に取り組み始めたので、先進県の研究者を招聘したもので、他機関にも声をかけていただいたので参加してきました。

初日は角川さんから講演をいただきました。
貴重なデータをもとに多岐にわたる内容について解説いただきました。

その日のよるは懇親会
暴走気味の方もいましたが、楽しい話が弾みました。

翌日は現地研修
ほ場2ヵ所で実際に栽培状況を見ながら
意見交換を行いました。
現場のほ場には多様な状態の作物があるので、より具体的な内容に話がおよびます。

活発な議論ができとてもよい研修になりました。

角川さん、大変お世話になりました。
ありがとうございました。


試験場では今後もこのような機会を設ける予定とのこと
楽しみにしてます。

2011年12月12日 (月)

Mistral

Mistral
品種の名前で『モナリザ』と言えばアネモネですね。

そのモナリザも形質がずいぶん劣化した印象があり、他の品種を探してました。


そんな中、注目しているのがMistral。
大輪でボリューム感があり、ステムもしっかりしています。

今年の結果が良ければ、
次のステップに移ります。

2011年12月10日 (土)

恩人の言葉

僕の恩人にいただいた言葉

『花の名は 星の名、青年 日に焼けて』

がんばります
ありがとうございます。

2011年12月 9日 (金)

冬到来?かな

冬到来?かな
気温の高い日々が続いていましたが、ようやく下がってきました。

ぐずぐずとしていた遅植えのラナンも一気に花を伸ばしてきました。

選抜した親系統は収量性の高いものを選んでいるので、さすがにたくさん立ってます。

一気に10本もたったら株が疲れるかなぁ

よ〜く観察してみます


10月下旬定植分は
既に開花中です。

今年はじめての親方

今年はじめての親方
今年はじめての親方
今年はじめての親方
今日は国富町から宮崎市にかけて数ヵ所を巡りました。

今年の秋はあまりこの地域をまわることができず、親方のトルコギキョウのほ場も今年初です。


久しぶりにみる親方のトルコギキョウはやっぱりよく揃って、すばらしいものでした。


親方夫婦の常に向上心をもって花づくりに取り組む姿勢を若い方々には特に見習ってほしいものです。

2011年12月 6日 (火)

みやざきの花を伝える

デルフィニウムの県産品点検を行った12月2日。
午後にもう1つ大切なお仕事がありました。
 
それはhana-kichi professionalの受講生の方々へ、みやざきの花についてのプレゼンです。
と言っても、プレゼンをおこなったのは、
現在、東京で約1ヶ月の市場流通研修中の普及指導員2名です。
 
僕は後ろでフォロー。
 
 
2人とも事前に作成したパワポのプレゼン資料を使い、みやざきのスイートピー、ラナンキュラス、デルフィニウムについて説明しました。
 
いつも農家の方々にいろいろと話をしている2人ですが、
伝える相手がはじめての方々とあって、ちょっとだけぎこちない感じ、
でも一生懸命、みやざきの花について伝えていました。その気持ちは伝わった?かな
 
 
プレゼン後は受講生との意見交換。
花屋さんになるため佐賀から上京された方、遠く韓国から来られた方、好きな花はデルフィニウムという方など、4名の方々は花屋さんになるために勉強されているとあって、
真剣に話を聞いてくださいました。ありがとうございます。
 
 
これから花屋さんでお仕事される方との交流は、自分達もいろいろな気付きがあり、
考えている以上に有意義なものとなりました。 
このような場は継続して設けられればいいなと思いました。
 
 
マッチングをしていただいた東京事務所のTさん、
申し出を快く受け入れていただいたhana-kichiのSさん
ありがとうございました。

 
話を聞いていただいた4名の方々の今後がとても気になります。
心からご活躍をお祈りいたします。
 

 
Dsc06399
プレゼン、プレゼン。 暗くてよくわかりませんね。
 
Dsc06400
終了後にアンケートに回答いただきました。
 
Dsc06402
お礼にデルフィニウムのプレゼント。ありがとうございました。

2011年12月 4日 (日)

諫早にて

諫早にて
昨日、今日と長崎県諫早市に行ってきました。

目的は九州山口花き普及指導員交流会への参加し、他県の方々との情報交換のためです。


普及指導員のOくん、農試研究員のTくんとともに車で片道約5時間、途中フェリーも利用しながらの道のりでした。


1日目の現地視察、2日目の情報交換会ともに、非常に内容の濃い会でした。
内容はまた後日に紹介します。


この会は各県の方々との交流が大きな目的の一つです。


今回もたくさんの方々との交流ができました。
懇親会では初めての方全員と言葉を交わすことを目指しましたが…
ちょっと届かずでした。

新たな出会いの中で特に印象深かったのはは、このブログを見てくださっている方とのものでした。

真剣な眼差しと熱心な話ぶりは、日頃の一生懸命な活動を想像でき、僕もギアを入れ直してもっとやらねばと刺激を受けました。ありがとうございました。


交流会の準備、運営いただいた長崎県の方々、ありがとうございました。我々に少し欠けている熱い気持ちを全面に出す姿勢に大いに刺激を受けました。
お世話になりました。
ありがとうございました。
 
 
只今、高速道路を宮崎に向け、Tくんの運転で疾走中。二人とも運転ありがとう。


到着は8時かな?
充実の2日間でした。

2011年12月 3日 (土)

デルフィの品質点検

デルフィの品質点検
昨日は東京の大田市場でデルフィニウムの県産品点検調査を行いました。
この調査は県産、県外産の出荷物の品質をチェックし、県内産の改善点や県外産の良いところを学び、地元にフィードバックし、商品の品質向上につなげていく取り組みです。

デルフィニウムはここ数年、点検を行っていなかったので、
なかなか新鮮な気分での調査になりました。

詳細は職務上、公にできませんが、認識を改めることができ有意義なものとなりました。

サンプルの手配に骨をおってくれた経済連のヨネちゃんに感謝です。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »