2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月24日 (土)

スキルアップと情報共有

全国には農業経営の改善と農村地域の振興を図るため、現場で活動している普及指導員と呼ばれる技術者がいます。
我が宮崎にも160名の普及指導員がおり、県内各地でさまざまな活動を行っています。
160名のうち、現場に拠点を構える普及センターの花き担当はたったの13名と少数。
多忙に多忙なその活動は、農家のため、地域のためという気持ちが形になったものです。
 
私にはこの指導員の方々を指導・支援するという大切なお仕事があります。
自分のこともままならないのに....。とは思いながらも、今のポジションとしての
役割はしっかりと果たさなければなりません。
 
異動がつきまとうこの業界。経験の浅い方も増えている中、少数の13名を精鋭部隊とするために、やはりスキルアップが必要です。
 
ということで、今年は宮崎県の主要な品目についての基礎からの技術、経営的視点、施設資材、
普及活動の研究等についての定期的な勉強を企画しました。
 
 
まずは、なんと言っても日本一の『スイートピー』でしょう。ということで、
先週の金曜日にスイートピーの生理生態、栽培技術の基礎、課題整理等についてみんなで勉強しました。
スイートピーの作り手でもあり、指導者でもあるH先輩からは、とても内容の濃い、熱い講演がありました。ほんとに貴重なお話でした。ありがとうございました。
 
次回は『キク』を予定しています。次回は13名全員出席できる事を期待しています。
 
 
この勉強会は普及指導員間での情報共有もねらいの一つですが、
現場活動ではJAの営農指導員の方々との情報共有もとても大切です。
先日の会議の懇親会において、やっぱり現場の情報の共有化と連携が重要!
ということで話が盛り上がり、普及指導員とJA営農指導員との情報交換の場を
設ける事になりました。
すぐ行動が大切という事で、今年からすぐにスタートします!
 
少ないからこその機動力。
多忙な現場活動ですが、きっとプラスになると思います。
 
ようやく動き始めた感じです。


 

 
 


ダイアナのダリアとデルフィ

ダイアナフラワーグループでもダリアとデルフィの栽培が始まっています。
 
今期、ダイアナの会長に就任したトミーのほ場では...

自家増殖した苗が無事定植を迎え、すくすくと育っています。
一部やや小さめの苗もありましたが、こんな感じで成育中です。
Dsc05853_2
 
すでにピンチも始まっており、とりあえず芽の制限をしながら仕立てていきます。
Dsc05854
   
それから、もう一つ
デルフィニウムも年内までの出荷分はすでに定植済みです。
Dsc05855
Dsc05856
 
苗は小さめですがまずまずの出来上がりです。 
 
いよいよ今期のほ場もスタートです。

ラナンの種まき

9月もあと1週間。
宮崎でもようやく涼しいと思える季節がやってきました。
気温も下がってきたので、ラナンキュラスの播種をスタートしました。
 
ラナンキュラスの種子は高温ではまったく発芽しないので、
通常の育苗では播種のスタート時期をなかなか前進化できません。
 
この時期の播種でも宮崎では早いくらいです。
それでも開花以降の交配や選抜を考えるとできるだけ前進化させたいところです。
 
昨年も親系統や交雑系統等、たくさんの交配をしましたので、
これからしばらく種まきが続きます。
Dsc05880


【デルフィプロジェクト vol.2】定植が始まりました。

デルフィニウムのプロジェクト。
今年から生産者、花屋さん、市場、仲卸などいろいろな方が協力しながら進めています。
かなり壮大なプロジェクトのようですが、詳細については、残念ながら話せないことが多いので記事にできません。
プロジェクトの一角を担う産地の情報は提供できるので、節目節目でご紹介したいと思います。
  
さて、その産地で一昨日から定植が始まりました。
当初の予定では、9月20日の定植予定でしたが、工事の遅れやその他予定していなかったこともあり、
2日ほどスタートが遅れました。
 
定植前日に北海道から届いた苗は、育苗中のトラブルを乗り越えよい状態で仕上がっていました。
Dsc05868
本葉10枚目が展開中です。
北海道の I さんに育苗していただきました。
この方のいつも感じるのですが、この方の苗はちょっと何かが違うんですよね。
 
Dsc05869
こんな感じで株元もしっかりしているし、すべてではないのですが、
本葉1〜3枚もしっかりと残っているものが多いのです。
定植してからも活着が良くて、活力があるんです。
今年は輸送中に痛んだ苗があり、それだけが残念です。
 
 
そんな苗は、丁寧かつスピーディーにほ場に植えます。
この定植作業もただ植えるだけではなく、土の水分状態や植える深さを調節し、
根を痛めないように、丁寧にかつスピーディーに進めていきます。
  
Dsc05877
こんな感じで植え穴をあけて...
 
Dsc05878
定植したら優しく土を寄せてあげます。
  
 
 
Dsc05875_2
このハウスに定植している品種は、みやざきオリジナル品種『レグルス』。
その名の由来であるしし座流星群が夜空を賑わす11月に1番花の出荷を迎えます。

2011年9月19日 (月)

デルフィも発芽

デルフィも発芽
現地の切り花栽培ではすでに定植が始まり、
早いところでは蕾が見えていますが、

こちらは今月上旬に播いた種がようやく発芽してきました。

苗専用のハウスがなく
土壌消毒中のハウスには置けず
ハウスの外に作ったスペースでなんとか雨風をしのいぎました。

ようやくハウスに戻した頃から発芽が始まりホッとしています。

面白い親系統も増えてきたので、年々楽しくなってきました。

大切な親系統は来週ぐらいから発芽が始まる見込みです。

2011年9月17日 (土)

ホオズキも

ホオズキも
順調に育ってます。

種まきして約40日
7節目の葉っぱが広がっているところです。

根元近くの茎の付け根からは新しい茎が出始めています。

この茎、この後どこに向かうかというと…


土の中です。


地下茎になるんですね〜 
良く考えると不思議な植物です。

2011年9月13日 (火)

今日明日

今日明日
こんなところでお仕事です。

はじめて来たので周りの様子がよくわかりませ〜ん

2011年9月12日 (月)

トルコギキョウもスタートです。

Dsc05762

先日、トルコギキョウの現地検討会に参加しました。
多粒播きした苗を技術員総出で間引きです。
 
今年のトルコギキョウも播種が早いものは、既に定植スタートです。
忙しくなりそうです。
 
苗もいい感じで仕上がりそうです。

楽しみですね。


大行進

今年はヨトウ類の発生がやけに目立ちます。
草むらに野鳥が集まっているのは餌が多い証拠。
 
よ〜く覗いてみると....

Dsc05761
 
はい。お約束通りのヨトウさまの大行進です。 
しかもすでにかなりご成長なされている様子。
 
朝日から逃れるように暗がりに向かってました。
 
  
こんなのに攻撃を受けたらたまったものではありません。
このサイズになるとなかなか農薬も効かないので大変です。
 
こんなやつらの繁殖源を断つためにハウス周辺の除草は欠かせません。
害虫防除はこんなところからスタートなのです。
 
 
ヨトウ注意 
 


2011年9月 9日 (金)

椎葉のデルフィ

椎葉のデルフィ
6日に椎葉村のデルフニウムの生育状況を確認に行ってきました。

今年も昨年同様、お盆前の定植です。
南国宮崎でデルフィをお盆前に定植なんて!
と思う方もいるでしょうが、
ここは日本3大秘境の椎葉村。さらに標高1000mに立つハウス団地です。
この日の朝も放射冷却で13℃まで下がりました。


デルフィの生育は順調そのものです。
 
人工的には作り出せない環境を最大限にいかした椎葉のデルフィは10月頭から出荷が始まります。

立地をいかした生産をもう一度見つめ直す必要がありますね

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »