2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月26日 (土)

惜しい..です。

デルフィニウムの宮崎オリジナル品種でラベンダー色と言えば『カペラ』です。

透明感のあるラベンダー色で大輪。ロゼット性も低いなどとても魅力的な品種なのですが、

花つきがよい割には花穂がやや細いため、ステムを太く、硬くつくらなければなりません。

 

そんな欠点を改善した系統ができました。大輪で透明感のあるラベンダー、茎は硬く、

草丈も長くなりすぎない、とても扱いやすい品種です。 

 

が、

 

『カペラ』ほどのほ場回転性はなく、おまけにうどんこ病を発病しやすい欠点があります。

これがなければ、すぐにでも品種化ということになるんですけどね。

 

徹底防除で作ったものはとても良い状態で開花しました。

Dsc04135

うどんこ病に強ければね~

ぺルシャンブルー

花の祭典で魅せられたスイートピー『ぺルシャンブルー』

花弁が繊細なためとても栽培に気を使う品種とのこと。

 

この色合いを的確に表現する言葉を持ち合わせていませんが、

ほんとに素敵な色合いです。

Dsc04392

ラストスパート

2月もあと数日、スイートピーにとってはラストスパートの時期がきました。

ここにきて日差しも強く、日中の気温も急激にあがります。

もう一度気温が下がる予報です。花冷えですね。

 

その後はぐんぐん気温も上がっていきますので、それに負けないように

かん水、施肥で追いかけます。

 

JAはまゆうの生産者圃場におじゃましてきました。

Dsc04430

Dsc04431

週間天気予報

2011年2月25日 (金)

トミーのダリア、2番花です。

トミーのダリア、2番花の出荷が始まっています。

まだ、ピークには程遠いですが、徐々に増えています。

『熱唱』からのスタートです。

 

来年度の導入品種もほぼ決定です。

地元の業務需要に応えながら、東京での小売対応も視野に入れた品種構成になりそうです。

 

夏季の育苗が課題になりますが、いろいろ試しながら最適な方法を見出したいと考えています。

Dsc04435

花の祭典2011

2月19日(土)、20日(日)にイオンモール宮崎において『花の祭典2011』が開催されました。

新燃岳の噴火の影響で出展ができない地域もありましたが、県内各地域から300点を超えるいろいろな種類の花が出展されました。

今年の冬はずっと晴天つづきでしたので、どの品目も品質がとても良い状態でした。

特にスイートピーは最高の品質で、加えてまわりに素晴らしい香りを漂わせていました。

  

この祭典の本当の成果は県内の花の消費拡大につながることです。

単なるイベントに終わらせてはいけません。

 

うまくいかないこともありますが、モチベーションをあげながら続けることが大切です。

モチベーションをあげるには、小さくてもいいので成功を体験することが必要です。

どんな小さな取り組みでもいいので、消費につながる形が見えればそれでいいと思います。

少しずつそんな小さな取り組みを盛り込みながら続けていきたいですね。

Dsc04148

スイートピーならではのバラエティーです。

 

Dsc04161

宮崎オリジナルスイートピー『式部』

金賞受賞

 

Dsc04147

西臼杵地区からのラナンキュラス。存在感あり。

 

Dsc04309

試験場展示の『紅式部』のアレンジです。

イオンのお客さんの注目を浴びてました。

 

2011年2月18日 (金)

【花屋さん】フラワーショップ・オードリー

前から行ってみたかった花屋さん、オードリー。

ちょいとおじゃましてきました。

 

花束をお願いしたところお休みにも関わらず、対応していただきました。

Dsc04086

Dsc04090

ちょっとおしゃれな雰囲気です。

 

Dsc04089

なかなかおもしろいベースです。

お店の飾りも兼ねてますね。

 

Dsc04098

とても素敵なバラの花束を作っていただきました。バランスが絶妙でした。ほんとに

 

Dsc04101

ラッピングもとても素敵でした。(写真が手ぶれでボケてますが)

 

ありがとうございました。

またおじゃまします。

 

フラワーショップ・オードリー 

ちなみにこの時の花束もオードリーさんのです。

花の祭典2011

今週の土曜日と日曜日。イオンモール宮崎で花の祭典2011が開催されます。

県内における花の消費拡大を図ることを目的に、生産者、花屋さん、市場、経済連、県、県内の花に関わるすべての関係者で作り上げられる県内最大の花の祭典です。

県内の生産者が育てた切り花や鉢物が出展され、その品質を競う品評会を始め、フラワーアレンジ教室やフラワーアレンジコンテストなどさまざまな花に関するイベントが2日間にわたって繰り広げられます。 

普段、なかなか見ることのできない花もたくさん店内を彩りますので、たくさんの方々に是非、会場に足を運んでほしいと思います。

 

明日は品評会に出展されるすべての花が宮崎中央花きに集められ、審査が行われます。

今年の品質のレベルはどんなものなのか、とても楽しみです。

品評会の審査って難しいんですよね。 頑張ります。

花の祭典2011の紹介(JA宮崎経済連)

イオンモール宮崎

  

2011年2月14日 (月)

感謝

今日は2月14日。バレンタインデー

万全でない身体なのに、いつも僕のことを心配してくれる母に

感謝の気持ちで花を贈りました。

 

とても喜んでくれました。

いつもありがとう。

Dsc04094_2

2011年2月13日 (日)

ローヌ

ローヌ。
確かに1輪だけで十分な迫力がありますね。
 
 
ローヌの大輪は植物生理の理論をしっかりと反映した姿であり、
そういう視点で見ると、違った意味での納得が得られます。

Dsc04082


フラワーバレンタイン

明日、2月14日はバレンタインデー。
 
男性のみなさま。
明日はチョコを待つのではなく、花を大切な人に送りましょう。
 
男性が花を贈る日。 なのです。 
 
フラワーバレンタイン
 
 
今日、明日と新宿西口で宮崎県、大分県、岡山県のスイートピーが配られます。
スイートピーの甘い香りをどうぞ。

2011年2月12日 (土)

光と色の不思議

ハウスで見た花が屋内では違った色に見えた経験ありませんか?

これは収穫後に花色が変わった訳ではありません。これは光のマジックなのです。

室内で使われる光源には白熱灯や蛍光灯がありますが、どちらも光の質は太陽光と異なります。

太陽光が有するすべての波長の光を放出している訳ではありません。

人は物体から反射する光を感じとって、ものの色を認識しています。

太陽の光も蛍光灯の光も白く見えます。
でもそれぞれに含まれる波長の光は異なります。
蛍光灯の光は太陽光に比べるとかなり多くの波長の光が含まれません。
元の光が違えば反射する光も違って当たり前ですから、違って見えるんですよね〜

発光ダイオードなんてさらに限られた波長の光ですから、どんな光にするかで花色が左右される可能性があるのです。

例えば花弁が黄色の光しか反射しない特性を持っている花を白色発光ダイオードの下で見たらどうなるか?


黒っぽく見えるのです。

白色発光ダイオードには黄色の光がほとんど含まれないからです。


まぁこんな特殊なことはないでしょうが、明るめの花色が暗くなったりというのはよく見られますね。

これからの育種は発光ダイオード下でどんな色になるかを確認する必要がありますね。

花屋さんもほ場だけこの色がいいって選んでるとあれれっということになりますので、花色の評価は慎重に。

めざす姿

デルフィニウムを生産するうえで最も問題となるのがロゼット性です。

ロゼット性の強弱で3番花まで収穫できるのか、4番花までいけるのかが決まります。

 

販売額は「収量×単価」なので、販売額を向上させるにはまずは収量の増加をめざす必要があります。

 

収量の増加を実現するためには

ロゼットのコントロールが必要です。

技術的には温度と日長の操作がポイントになりますが、

最終的には育種でロゼット性の弱い品種を作ることが必要でしょう。

 

現在、育成中のこの系統。

ロゼット性が弱く、2番花の生育が抜群に良いのです。

めざす姿はこの姿です。

Dsc04023

Dsc04024 

2011年2月 8日 (火)

花の日フェア

花の日フェア
宮崎は、県庁所在地都市別の一世帯あたりの切り花購入額で全国45位。
平成20年で7,717円です。

冬季温暖で日照時間も長く自然豊かな宮崎だからでしょうか。

それでもやっぱり宮崎で生産されている花を宮崎の消費者にで飾って欲しいということで、今回の花の日フェアの仕掛けとなりました。


フェアの内容は毎月7、8日を花の日とし、2、3月はスイートピーの花束を格安で販売します。
趣旨に賛同いただいた県内の花屋さん20店舗で購入が可能です。

8月まで使用可能な割引券がついたパンフレットも準備してあります。

とにかく消費者に花屋さんに足を運んでもらう機会をつくることが大切です。

生まれた機会をいかすかは、花屋さんにかかっています。
20店舗でスタートしたこの取り組みが広がるようにみんなで前向きに取り組みたいです。

今日は8日
香り高いみやざきのスイートピーを飾ってみませんか〜

2011年2月 5日 (土)

いつもと違う夕暮れ

いつもと違う夕暮れ
今日の夕焼けはいつもと違う景色です。

この季節、すみわたる西の先にはいつも夕日が沈む霧島が見えます。

今は新燃岳の噴煙で空はかすみ、霧島の山なみが全く見えません。

早くいつもの夕焼けが戻ってくることを願いたいです。

本日も降灰....

今日の新燃岳上空は南西から西からの風、宮崎市の方向への風です。

お昼前にはパラパラと細かい火山灰が降ってきました。 

 

ここ数日で積もった灰を落とそうと思っていましたが、どうしたものか。

風向きが変わる予定の3時頃から作業にとりかかりたいと思います。

Dsc04020

天井は一面グレーでハウスの中は全く見えません。

 

Dsc04021

Dsc04022

ビニペットや巻きあげ部分に灰が入り込み、なかなかとれそうにはないです。

2011年2月 4日 (金)

火山灰降る中

火山灰降る中
アネモネの定植です。

球根養成&交配です


ラナンとも交配します。

2011年2月 3日 (木)

多様性と均一性

メリクロンを経由した栄養系品種が主流のラナンキュラスですが、

ウイルス等の病害や苗コストがかかるという問題から実生系をもう一度

見直し、活用する選択も必要です。

 

種苗登録には区別性、均一性、安定性、品種名称の適切性、未譲渡性の5つの要件が必要とされます。

自家不和合性のラナンキュラスの場合、実生系で均一性、安定性を確保できる品種を育成するにはなかなか大変なのです。

 

ばらつきのある実生の多様性をそのまま組織培養の手法で栄養的に増殖することで

登録要件の均一性がクリアできるのです。

実生系の多様性をそのままに、均一性をもつ実生系品種をつくる。

今はそのための選抜、交配の作業中です。

Dsc03999

Dsc04000

サーモンピンクで芍薬っぽい花型

 

Dsc04001

同様な形でレッド

Dsc04002

八重の程度の高いレッドです。

 

Dsc04003

花弁と花弁の間に...。うちではなぜか「ベロンチョ」というあだ名がついてます。

 

Dsc04004

大輪ホワイト系統。 香りもあるのです。

 

来年以降はさらに広がりがでる予定です。交配、交配。

【お花屋さん】Flower space KIRARI

Dsc03998

ヤスタケ親分ちからの帰り道、宮崎市本郷南方にある花屋さん Flower space KIRARI におじゃましました。

車で前を通りながら、おじゃましてみようかなぁ、どうしようかなぁと迷いましたが、

迷いの中に答えがあるということで、車をUターンさせ、突撃訪問しました。

代表の菊池さんはとてもにこやかで話しやすい方でした。

 

いろいろ聞かせていただきありがとうございました。

Dsc03994  

切り花だけでなく、観葉、蘭など幅広い商品が並んでます。

 

Dsc03997

プリザも豊富です。売れるそうですよ~

Dsc03995

青山フラワーマーケット ~みやざきの花~

先週の26日木曜日、東京の青山フラワーマーケットの方々に「みやざきの花」を伝えるプレゼンテーションを行いました。

みやざきからの参加者は、生産者、JA担当者、関係機関、東京の担当者含め総勢16名ほど。

 

今回、こちらからお伝えしたのは....

・みやざきのスイートピー  香り、バイカラー、フリル、etc.

・ラナンキュラス、デルフィニウム、トルコギキョウ、ダリア

・生産者の技術について

そのあと、幅色い話題で意見交換をさせていただき、とても貴重な数多くの気づきを得ました。

今、産地がやるべきことは高いレベルで腕を磨き、さまざまな要求に応えられる技術を身につけ、

今回のように実需者との距離を縮め、その要望をしっかりと耳にし、お互いが納得できる内容を形にすることです。

 

市場の存在はなくてはなりませんが、産地にとって市場は販売を委託している相手です。

実需者の意見は産地が直接聞き、行動につなげていかなければなりません。

今回の研修はそのことを改めて強く認識する時間となりました。

 

なかなか大勢でとはいきませんが、多くの生産者が体験すべき内容でした。

 

青山フラワーマーケットのみなさま、ありがとうございました。

 

Dsc03957

まずは大田花きの宍戸さんから一言。オリエンテーションのようなものです。 

 

Dsc03961

スイートピー、ラナンキュラス、トルコギキョウ、ダリア etc.

実際にサンプルを手に意見の交わしました。 

 

スイートピーの香り、バイカラー、フリル。 キーワードになりました。

 

次の日、渋谷東急東横店、赤坂見附ベルビー店、東京グランスタ店におじゃましました。

Dsc03970

人気だそうです。

 

 

今後もさらなる関係づくりに取り組みます。

 

 

節分

節分
今日は節分
冬と春のわかれめです。
昼間は日差しも強く、すっかり春なのですが、空は火山灰の影響で、かすんでます。


早く噴火がおさまって欲しいです。

2011年2月 2日 (水)

ラナン交配中です

ラナン交配中です
今年もラナンの交配が始まりました。
昨年は年内から交配を行いましたが、今年は一番花の様子を見てからスタートすることにしたので、今からのスタートです。

忙しくなりそうです

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »