2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月20日 (土)

収穫開始

ラナンキュラスの収穫開始です。

と言っても早生の品種のみのスタートです。

 

昨年は10月末からの収穫開始で、すでにこの時期には結構な本数を収穫してましたが、

今年は遅めの開始です。

すべての品種や親系統すべてが開花するのは来月に入ってからの予定です。

来月の忙しさがちょいと怖いです。

Dsc03320

実物はもう少し濃いピンクです。

この時期にしてはしっかりしたものを咲かせてくれます。

2010年11月17日 (水)

スイートピー目揃え会

16日の午後、県内のJA営農指導員と普及指導員を集め、

今年度のスイートピーの目揃え会が開催されました。

出荷がはじまっている産地、はじまろうとしている産地がそれぞれのスイートピーを

持ち寄り、出荷開始の品質を確認しました。

県下一丸となって品質向上に取り組みます。

Dsc03315

Dsc03317

JA尾鈴の「ロイヤルチェリー」(3PL)です。なかなか良い品質です。

2010年11月16日 (火)

新体系のラナン、蕾がでてきました。

新体系の作型を実証中のラナンキュラスが蕾を見せ始めました。

10月28日に定植をおこなってこの状態です。

 

育苗中のトラブルで当初よりもやや遅い定植で、問題がないわけでもありませんが

とりあえず蕾がでてきて一安心です。

年内にはそれなりに出荷できる予定です。

Dsc03306

Dsc03307

親分のデルフィ

ダイアナフラワーグループのヤスタケ親分のデルフィが出荷中~

ばりばり良い花が咲いております。

Dsc03305

1m前後のしっかりした品質です。4割程度収穫済み

Dsc03304

オリジナル品種「リゲル」

実物はもっときれいです。

 

Dsc03308

「カペラ」です。大輪で透明感のあるラベンダー

 

Dsc03309

ピークは10~14日後でしょうか。

トミーのダリア、開花が始まりました。

8月下旬に定植したトミーのダリア。

いよいよ開花が始まりました。

まずは「カーネリアン」からスタートです。

この後、「熱唱」、「黒蝶」が続きます。

Dsc03298

Dsc03293

蕾がはっきりと確認できてからやく20日でこの状態です。

2010年11月14日 (日)

初物です

初物です
今年のラナンの初物です。
今期はいろいろなパターンを試しているので
開花期は幅がでてくる予定です。

おまけに実生からの球根養成もあるので4月まで休みなしです

2010年11月10日 (水)

できることから

今、農業をめぐる情勢でもっともヒートアップしているのは
日本が『TPP』(環太平洋戦略的経済連携協定)の協議へ参加することが閣議決定されたこと。
貿易自由化を目指す枠組みに日本が自ら飛び込んだんですな。
米国にまんまと....。
 
大幅な低コスト化が難しい日本の農業は、例外無い関税撤廃で壊滅的な打撃を受けると
されています。
米の関税は800%近く。 800%って....。
これがなくなったことを想像すればどうなるか。 
 
ほんとに大変です。
 


一方、花はというと。
 
とっくの昔に自由化です。数十年前でしたよね。たしか。
そんな厳しい環境の中でも知恵と工夫で乗り越えてきたのが花の生産者。
 
でもその厳しい環境にさらに追い打ちをかけたのが今のデフレ経済です。
 
物が売れない、安売り競争、お金が動かない
 
こんな中でも順調に物が売れる方法があります。
やったことがないかもしれませんが、難しい事ではありません。
 
やる気のある方には教えます〜
やらない方には教えませ〜ん
  
まずは顧客を知る事です。
自分の顧客が誰だか知っていますか?
これはできるでしょう?
 
だって市場にお願いするだけですから。
電話一本で終わるんですから。
 
ここからがスタートです。できることから順番に
 
 
しばらくすればすごい事がおこります。

 
 


トミーのダリアと再会

ダイアナフラワーグループのトミーのダリア。
そろそろ開花期を迎えそうです。
と言っても「カーネリアン」くらいかな
 
今日、トミーのハウスで久しぶりの再会がありました。
トミーが以前、研修でお世話になったO部長が来宮。
帰る前にハウスをのぞいてくださいました。
 
トミーもとてもうれしそうでした。
Dsc03247
10月27日の時点からこんなに蕾が膨らんでます。
10月27日はこんな感じ
Dsc03248
Dsc03249
「黒蝶」も「熱唱」も蕾が膨らんでます。

2010年11月 6日 (土)

溢れる水 

植物は蒸散や根圧により水分を体内で移動させます。

天気のよい日中は蒸散を盛んに行うので、水分はやや少なめですが、

雨天の日中や夕方から早朝にかけては、十分すぎる水分が根圧により

上がってきますので、体外に押し出されます。

それが溢れる水、溢液です。 

 

根っこが十分に機能していないとこの現象が見られません。

これで根の活動、水分が十分かどうかの確認ができます。

Dsc03192

デルフィニウム。葉の先端に水孔がありここから溢液がでてきます。 

 

Dsc03193

ラナンキュラスです。

 

Dsc03194

ついでにコスモス。同じですね。

2010年11月 5日 (金)

秘密基地?

諸塚村の標高870mに平成20年に整備された柳の越園芸団地。

天空にある秘密基地といった感じでしょうか。

 

施設面積が約1.2haで冷涼な気候をいかし、夏秋ホウレンソウと

スイートピーが生産されています。

Dsc03222

重厚な屋根型鉄骨のハウスで、強風にも耐えるハウスが16棟

建設されています。

 

今年初めておじゃましたが、びっくりしました。

anemone

切り花用アネモネの実生が発芽しましたぁ

播種後2週間程度で発芽が始まりました。

今年は少し収穫し、その後は球根を養成します。

 

アネモネの球根は塊茎と言って、茎が肥大したものです。

同じキンポウゲ科の球根類、ラナンキュラスは塊根。根ですね。

デルフィニウムの根っこもイギリスでは塊根と表現しています。

Dsc03200

発芽は順調です。 で、どこに植えるのよ。

2010年11月 4日 (木)

おすすめです。

宮崎市のLeaf designさん。

ピンク系の花束をお願いしました。

とても柔らかい感じの素敵な花束を作っていただきました。

心が安らぎ、がんばろうという元気が湧いてきました。

Dsc03239

 

ほんとに良い、自分の納得するものを提供しようとするプロの仕事を間近で

見せていただきました。 

Dsc03232

Dsc03234

Dsc03242

Dsc03240

おすすめです。

テキサス生まれのクレマチス

Clematis texensis

その名のとおりアメリカテキサス州が原産地のクレマチスです。

壺形からチューリップ形の花型がとても可憐です。

(花色はちょっとあせました。)

 

市場には切り花としても出荷されていますが、流通量は限られていますので

ほとんど花屋さんでも目にすることはありません。

 

もっか育種と並行して収量を高めるための栽培方法を検討中です。

Dsc03244

デルフィ、仕上げに入ってます。

ダイアナフラワーグループのヤスタケ親分の「リゲル」。

仕上げの段階に入りました。

 

再来週にはまとまって開花しそうです。

見通しでは1m中心ですが、間違いなく良い品質です。

乞うご期待。

Dsc03228

トミーのダリア。蕾が膨らんでます。

トミーのダリア。

前回から4日後、蕾が膨らんでます。

いよいよ出荷が近づいてきました。

 

楽しみですね。

Dsc03205

Dsc03206

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »