2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ
フォト

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

ラナン採種中

ラナン採種中
ラナンキュラスの採種が始まってます。

交配して約2ヶ月でようやく種が実ります。

交配はこれから最盛期に向かうので
計画的にすすめないと
パンクしそうです。

2010年1月29日 (金)

これなぁに??

これなぁに??
これなんだかわかりますか?


デルフィの一種です。
この種の花はまだ見たことありません。

喜びや安らぎや楽しさを与えてくれるそんな花であることを期待してます。

2010年1月24日 (日)

変化

変化
変化の方向が見えますね

ターゲット

ターゲットは誰?
 
ターゲットに何を伝えようとしてる?
 
誰に何を呼びかける?
 
 
品質が良くなきゃだめだけど
品質だけでは売れません。

初心のたまもの

一時の花をまことの花と取り違えてはならない

2010年1月18日 (月)

春の兆し

春の兆し
ハウス内のクレマ
1月の日差しへの反応が見られたので、
少し早いですが、大きいポットに植え替えました。
 
冬場は一見枯れてるように見えますが、
1月に入ると土の中では既に春の兆しが。
 
どんな花を咲かせてくれるのか楽しみです。

2010年1月13日 (水)

雪がふりました

雪がふりました
南国の宮崎ですが
今朝、日の出前に雪がふりました。

2010年1月 9日 (土)

淘汰と選抜

育種によりこれまで数えきれないほどの
多様な品種が育成されてきました。
 
自然界では人が作り出した品種が持っている多様性は
そんなに目にしません。
 
それは、自然界では淘汰されてしまうようなものを
人が育種という行為で拾い上げているからです。 
 
花を観察しているとわずかな変化を見せている時があります。
育種の作業は「変化したがっている」そのサインを見逃さず、
拾ってあげることから始まるのです。
 
100103_164501

2010年1月 8日 (金)

巣ごもり消費と自家用需要

景気後退で自家用需要が好調との記事
「巣ごもり消費」が追い風にと。
  
個人需要へのシフトに伴い「低価格志向で
単価が下がっている」との分析。
  
自家用需要が伸びることはいいことだが
低価格志向を受けて「低価格競争」になることが
心配だ。
  
低価格競争が一段と進めば、すべての段階で大幅な
コスト削減が必要になる。
  
総じて体力のない小規模経営は生産においても、仲卸においても
小売りにおいても厳しさを増すのは間違いない。
  
同じ土俵に乗らない、競争しない独自の取り組みを構築すべきだ。

100105_075101


2010年1月 3日 (日)

マニアック

マニアック
出ました

黒の覆輪
まだ縁だけですが、そのうち
もっとくっきりにします。

2010年1月 1日 (金)

明けまして

明けまして
おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »