2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ
フォト

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月25日 (水)

スパイラル

「安いは悪」

だよ

安易すぎ

2009年11月22日 (日)

デルフィニウム出荷中です

今日はダイアナフラワーグループのはなひだか農園さんのほ場におじゃましました。
みやざきオリジナルデルフィニウムの各品種が収穫中です。
 
「ベガ」は既に出荷が終盤、主力品種の「レグルス」と新品種「アルタイル」が
1番花のピークへまっしぐら!! という状況でした。
 
茎はスマートながらしっかりとした堅さに仕上がっているようです。さすがですねぇ〜
 
大田花きと宮崎中央花きを中心に出荷中です。

Cimg4652Cimg4654

2009年11月18日 (水)

行動

行動に移せるか

それがすべてだ

それだけ

2009年11月17日 (火)

伝えることの大切さ

ある和菓子屋の外の黒板に
 
『お中元によろこばれるお菓子あります』と
 
 
 
これはその店に入るためのりっぱな『理由』
 
 
お中元はお世話になっている人に送るもの
 
義理もあろうが、やっぱり喜んでもらいたい気持ちをもって送るもの。
 
 
そんな時に『お中元よろこばれる....』と見たら
 
それはなんだと思うだろう。
 
お店に入りたくなるだろう。
 

既にお中元を送ってた僕は店には入らなかったが、
 
それからその店が急に気になり、後日、別な商品を購入した。
 

 
お客に対し、店に入る理由を伝えてる。
 
伝えてますか?『自分の産地を選ぶ理由』、『自分の花を選ぶ理由』
 
 
僕たちはにんげんだもの。
 
にんげんは感情の動物、習慣の動物。
 
買う理由を伝えましょう。 
 
 
 
女性の視点が大切なんだとか.....。

2009年11月16日 (月)

open

Cimg4638

早期抽だい株のデルフィが咲きました。
 
デルフィの育種についてちょっといろいろ思案中です。
王道はとうぜんなのですが、
ちょっと道をそれてもおもしろいかな と
 
あ〜アイデアはどんどん湧くけど、
実行に移す時間と場所と....マネーが(笑)
 
来年頃にはちょっと楽しい報告ができると思います。 
 
クレマチス&ヘレボラスも徐々にですが、進めてます。

2009年11月15日 (日)

彩り

単色ではっきりしたものから、
微妙に混ざり合った色合いのもの
 
これを目指した方向に近づけていく。
とても技術を要する事ですが、わくわくします。
 
Cimg4633Cimg4634
Cimg4635Cimg4636
Cimg4637
Cimg4639

2009年11月13日 (金)

だれのせい?

『売れる仕組み』は作りましたか?
 
カーネーションはもう厳しいとか、品目のせいにしてませんか?
 
売れないのは、儲からないのは品目のせい、経済のせい、政治のせいではありません。
  
すべて自分に責任があるのです。
 
 
できない理由なら100でも200でも、いくらでもあげられます。
 
 
目の前の現実で起こる事はすべて正しいのです。
 
行動を起こさなければなにも変わりません。
 
 
花が売れなくなったとしたら、それは品目が売れなくなったのではなく
 
自分の行動が足りなかったということです。
 
 
 
すべて自分に責任があるのです。

2009年11月11日 (水)

宮崎の空と海

宮崎の空と海
11月でもこんなに青いんです。

朝6時のデルフィニウム
Cimg4632
葉っぱの先に滴が...。
『溢液』と言い、言葉のとおり植物体内から溢れた水分です。
一般的に植物は夜間に体内の水分が多くなり、その膨圧で伸長、肥大します。
余分な水分は体外に押し出されるのです。
 
デルフィニウムの葉先には小さな穴が空いており、
そこから余分な水分が出るのです。
 
この滴は十分に水を吸っている証拠です。
気温が上がると蒸発するので、朝早くこれを確認する事は
とても大切なことなのです。
 
前日の夜更かしがこたえるわ〜

2009年11月10日 (火)

秋のヒマワリ

秋ですが、ヒマワリ満開です。
油糧作物としての可能性を調査しています。
 
昨年は、台風等の影響により播種が1ヶ月ほど遅れ、
11月の突然の低温にやられ、花を見ずに終わりましたが、
今年はなんとか開花までこぎつけました。
 
9月上旬に直播きしたほ場です。
Cimg4568

Cimg4569

お気に入り

ラナンキュラスのバイカラー
お気に入りの一つです。
 
下地の色がクリームだったり、ピンクだったり、白だったり....。
これから少しずつ揃えていきます。
Cimg4629

2009年11月 9日 (月)

酔っぱらいの木

亜熱帯植物園のトックリキワタが満開です。
Cimg4521

酔っぱらいのお腹に見えますか?
 

2009年11月 8日 (日)

消費拡大

景気が低迷し、低価格販売が業績をあげ、消費者が安物買いに慣れたこのご時世に
花の消費を伸ばすことは簡単ではない。
 
あるアンケート調査によると花を買うのは国民の4割程度とも。
 
日本では花を日常的に購入し、家に飾るということが、『文化』レベルまで育ってない。
 
花を買うことが習慣になってない。
 
花は、お祝いやイベントなどで買う、飾る、まだまだ特別なもの。
 
 
花の消費を伸ばすために、花をなぜ買わないのかを分析するアプローチが
とられるが.....。
 
買わない人ではなく、花を買う人にもっと視点を向けた方がいいのではないか。
 
だって、買わない人、特に花を買わない大人は、結局花は買わないから。
ほんとに買わないから。
 
買わない人が6割と知っても、目の前の消費拡大にはなんにも役に立たないのだ。
 
 
 
今、花をよく買っている人は、ほんとうに花が好きで花を必要としている『既存のお客様』
 
一番大切にしなければならない人たちだ。
 
 
こういう人たちがもっと花を買いやすい環境を提供し、情報を提供し、いい花を提供し
これまで以上に花を買ってもらい、もっと満足してもらう。
 
花を買わない人にエネルギーを注ぐよりも、
 
買ってくれている人が喜ぶことにエネルギーを注いだ方がこちら側もよっぽど幸せだ。
 
 
花を買う人の数を増やすことは、絶対に必要な事だが、長期的なプラン。
 
花育などの取り組みをこつこつと重ねることで、花を買う、飾ることが習慣となり文化となる。
 

 
短期的なプランは今のお客様をもっと大切にすること。 
 
花に関わるすべての人で、既存のお客様が今までより少しだけ多くの花を買うように
 
仕組みんでいくことが、目の前の消費拡大につながるのだと思う。
 
 
デザインを売っていると言い、消費者に品種名も産地も伝えない。
価格も表示しない。日持ちする切り花の管理も教えない。
そんな花屋はなくても誰も困らない。
 
 
産地の現場も知らず、産地と出口をつなげられず、価格も形成できない
そんな市場はなくても誰も困らない。
 
 
こだわりもなく、情報も流さず、変化できず、出たとこ勝負の
そんな産地はなくても誰も困らない。
 
 
自分の身になって事にあたれない、そんな関係機関は
無くて良い。
 
 
みんなが本気になれば、仕組みは大きく変えられるのです。
もっとも大切なのは今、花を買ってくれている人のはずでは???

2009年11月 7日 (土)

実生の意義

ラナンキュラスの収穫が始まりました。
育種用なのですが、それぞれの素性を見極めるのに
収穫しながら交配をするのです。
 
実生のF1が目標ですが、ラナンは自家不和合性ですので
多少のバラツキは避けられません。
 
複雑な育種行程や培養をできるだけ避けて、低コストな苗で、ウイルスの少ない
苗を供給するのがねらいです。
これなら冷蔵処理+大苗で現状の球根代より安価で供給できると思います。
Cimg4627

10月上旬定植です。
結構、良いのも咲いてますよ。

2009年11月 6日 (金)

透明感

宮崎オリジナルデルフィニウム『カペラ』
透明感のあるラベンダーの花色がいいですね。
標高1000mの宮崎県椎葉村から出荷中です。
Cimg4615

2009年11月 1日 (日)

冷蔵終了〜

冷蔵終了〜
後植えのラナンキュラスの冷蔵が終わりました

温度設定を変えられなかったので
これから株を作って定植です

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »