2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

めざすは▼

最近、組織での人材育成について首をかしげたくなることばかり...。
そもそも人を育てようという文化がない。
とりあえず、流れで....。
そんなんでいいはずない。

まわりを見るとどう考えてもおかしい。 | を作ろうとするならまだしも、 ̄ を作ってるだけではないか

| から一歩進んで ⏉、めざすは ▼ だろう。

まわりの ▼ を手本に自分も ▼ をめざさねば。


 

採種中!

現在、デルフィニウムの採種中です。
ちょっと気になるやつを中心に人工交配をして種をとってます。
自分の勘では、かなりいけそうなやつもあります。

南国みやざきは暑いのでこれからの交配、採種はちょっと大変です。
できそうなものはやっていこうと思います。

今採種しているものは6月には播くので、すぐに調整します。

Cimg3132


依頼を受けている分も順調に肥大してます。
そろそろ種がとれるかな?

2008年5月21日 (水)

例のシネンシス

ある方に種取りをお願いしているシネンシス系です。
スカイブルー系で大輪。この時期は温度もそれなりに高いので花が小振りになるのですが、
結構大きいです。
花色もすっきりした感じ。
交配も順調ですので、もうすぐ種もとれそうな様子でした。

Cimg3127Cimg3130
涼しげな色ですね。    種子もちゃんと入ってそう!

菜の花

菜の花サミットに参加してきました。
食料とエネルギーの地産地消をテーマに平成13年から始まり、今年が8回目だそうです。

以前は国内でも盛んだったナタネの生産をもう一度広げ、エネルギーの循環をめざす取り組みです。
大会ではいろいろな方々のお話を伺いましたが、熱心に取り組みをされているようです。
大会終了翌日のエクスカーションでは、ナタネ畑と搾油施設を見せていただきました。
宮崎の感覚だと5月にナタネ???って感じですが、きれいに咲いてました。

Cimg3095

世界では今バイオ燃料が良くも悪くも注目されています。
穀物の高騰にもつながっており、環境への影響も賛否両論です。
バイオ燃料の先進国と言えばドイツですが、そのドイツもここのところちょっとトーンダウン

そこらへんは置いといて、サミット参加者はとっても元気な人ばかりでした。
市民運動からスタートした活動ってやっぱり熱いですね。

2008年5月14日 (水)

渋め?

現在、選抜中の系統の一つです。
花弁が黒いタイプも渋めでいいかなと思ってます。
毛が黄色いとほんとにbeeという感じですね。
今年はほとんど取り播きという感じになりそうです。

Cimg3075Cimg3076

2008年5月12日 (月)

咲きました。

北海道の I さんから預かっているシネンシスが咲きました。
今咲いているのは、薄い水色の大輪系統と濃い目の水色の系統です。
明日ぐらいから交配ができそうなので、来月下旬には種がとれるでしょう。
ちょっと遅くなりましたが、お待ちください。(って掲示板ではないけど)

写真は後日アップします。

ところで、最近、ヨトウムシが暴れ回ってますね。
こいつは大きくなると薬が効かなくなるので要注意です。
でも、防除をちょっと工夫すれば大丈夫。
大切なのはタイミングを逃さない事ですね。

2008年5月11日 (日)

母の日

母の日の今日、母へのプレゼントに花を買った。
 
僕の植物好きは、父の影響だけでなく、花好きな母が
よく生け花(小原流の先生です)をしていたのを近くで
見ていたのも影響したと思っている。
 
花ならどんな花でも好きで、節目節目で花を飾り、
花を近所に配っていた母。
常に花がある環境で育ってきた自分には
花があることが普通であり、とても心地よい。
 
そういう風に育ててくれた(そういう意図はなかっただろうが)
ことに感謝し、バラを一輪プレゼントした。
 

責任

新しい職場に異動して1ヶ月が過ぎた。
以前の仕事から比べれば、到底興味の持てる仕事でもなく、やりがいも...。
なんでこんなところに居るんだ。と頭を抱えていたが、ある考えに行き着いた。

人事に大きな問題があるのには間違いないが、自分が今のところにいることは
別に大きな原因がある。それは自分だ。

自分の身に回りに起こる事すべて、責任は自分にあることに気づいた。
それまでの自分がとってきた行動が現状につながっている。
今の職場に来てしまったのは、単に違うところにいくための行動を
自分がとっていなかっただけ。それだけだ。

人のせいにするのは簡単だ。
責任は自分の中にある。

2008年5月 9日 (金)

消えた里山

なつかしい里山が完全に姿を変えてしまった。
寂しいね。

ここはすべて住宅地になる。

Cimg3040Cimg3041Cimg3042

Sun + Patience

サカタのタネが開発したインパチェンスの種間雑種。
その名は「サンパチェンス」
夏の暑さに弱く、ちょっとひ弱なインパチェンスのこれまでのイメージを
吹き飛ばす。とっても忍耐強いやつです。

インパチェンスはつりふねそう科の植物です。一般の方がよく知っているのが
ほうせんかです。「ほうせんか 私の心〜 砕けて 砕けて 紅くなれ〜」
あのタネがはじけ飛ぶやつですね。

鉢物ででまわるインパチェンスやニューギニアインパチェンスも同じ仲間です。
日本の高地に自生しているつりふねそう(釣船草)は名前の由来がよくわかる
花型をしています。黄花のタイプもあるんです。
宮崎の高地にも沢山あります。

話がそれていきましたが、こんなインパチェンスの種間雑種であるサンパチェンスは
暑さに強いだけでなく、非常に高い環境浄化能力があるそうです。
みなさん一鉢植えましょう!
Cimg2975


2008年5月 5日 (月)

ただいま交配中〜

デルフィの育種ほ場では、交配をどんどんやっています。
最終的にどういう品種になるか楽しみです。
左側は赤紫系の一個体。ビーが黒でちょっと落ち着いた感じです。
実際の花色はもうちょっと明るめですが、自然光下ですので、
室内ではちょっとくすんだ感じになるかも。いずれにしても照明の違いでの
色の出具合について確認が必要です。

右は、交配が終了して袋果が肥大しているところです。
交配していないものは子房が膨らんでないので、うまくいってるかどうかは
すぐにわかります。
この個体は、すごい能力を秘めているので大切にしたいと思っています。

みなさん待っててね〜

Cimg3038Cimg3039

2008年5月 2日 (金)

ブルー満開

シネンシスの3番花が満開です。
一面ブルーでとてもきれいです。
でも収穫が大変です。
Cimg3032

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »