2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« 勘違い | トップページ | 満開!! »

2008年3月 2日 (日)

Ranunculaceae

ローカルブリーダーと言いながら、育種の話はさっぱりしてきませんでしたので、
ちょっとだけ...。

Ranunculaceae。キンポウゲ科。

私が育種対象にしているのがキンポウゲ科の植物です。
キンポウゲ科の植物に見せられてかれこれ20年。
スタートは学生のときに見た、父親が育てたテッセン(クレマチス)でした。
花ももちろんきれいでしたが、花が終わった後のふわふわがまさに仙人草の名のとおり。

クレマチスと言えばつる性の植物というイメージがあるでしょうが、実は木立性の種類
もあるのです。その種類は宮崎と四国の石鎚山にしか自生していません。
8年ほど前に、その種を採集に宮崎の1,000mの断崖絶壁に挑みました。(800mまでは車でしたけど..)
その血をいれた新しいタイプを作ろうと思っています。

その他にクリスマスローズ、オキナグサ、ラナンキュラス、シュウメイギク、オダマキ
そしてデルフィニウム。
品目が多いと全部に同じ力は注げません。

今のところ興味だけでなく生産により近いものに比重を置いています。
デルフィニウム>ラナンキュラス>クレマチス>>クリスマスローズ>>残りって感じでしょうか。
でもこれはキンポウゲ科の話で別な品目を入れるとまた優先順位が変わるのです。

いい品種ができたら、みなさん是非作ってみてください。
 

種まき、種まき
Cimg2552


« 勘違い | トップページ | 満開!! »

育種」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214868/40336106

この記事へのトラックバック一覧です: Ranunculaceae:

« 勘違い | トップページ | 満開!! »