2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト

« 親方のトルコギキョウは終盤 | トップページ | ☆星☆つながり »

2008年2月 6日 (水)

トルコのオリジナル品種

宮崎県の試験場では、栽培試験だけでなく品種育成にも力を入れています。
スイートピー、デルフィニウムは20年ほどの育種の歴史があります。
最近では県をあげて推進しているラナンキュラスも綾園芸さんとのコラボで品種を育成しています。

それから、実はトルコギキョウの育種も行われています。
トルコギキョウは種苗会社の育種が進んでいますが、冬場の産地をめざす宮崎としては、独自性を持つことが必要です。

現在、品種間近の系統を親方に試作していただいてます。
10月3日に定植を行いましたが、もう花が咲き始めました。

Cimg2165Cimg2169
いずれも一重ですが、白に少しフリルが入るタイプとピンク系です。どちらも輪数がしっかりついてボリューム感はあります。


« 親方のトルコギキョウは終盤 | トップページ | ☆星☆つながり »

トルコギキョウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214868/40017236

この記事へのトラックバック一覧です: トルコのオリジナル品種:

« 親方のトルコギキョウは終盤 | トップページ | ☆星☆つながり »