2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ
フォト

« ☆星☆つながり | トップページ | ラナンキュラスの新品種 »

2008年2月 7日 (木)

トルコギキョウの輸入状況

さまざまな花きが輸入されている昨今ですが、トルコギキョウも安定して輸入されている品目です。
2005年には100万本を突破し、2006年には200万本を突破。
2007年はやや減っていますが、2008年1月の輸入量は前年対比150%と増加しています。
年々増加している輸入トルコギキョウですが、その95%は台湾産です。

冬場のトルコギキョウは低温や低日射の影響でブラスチングが発生し、栽培が難しいのです。
国内では宮崎、高知などの日射量の多いところでないと、安心して栽培ができません。
ところが、台湾は、宮崎などよりも晴天日が多いし、気温も高くて雨よけ程度ができてしまいます。
種苗会社もどんどん種子を販売してるし、台湾産の品質もどんどん向上しています。

冬〜春中心の宮崎としては、しっかりビジョンをもって独自化を進める必要があります。

Grmleaf_2

« ☆星☆つながり | トップページ | ラナンキュラスの新品種 »

トルコギキョウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214868/40033763

この記事へのトラックバック一覧です: トルコギキョウの輸入状況:

« ☆星☆つながり | トップページ | ラナンキュラスの新品種 »