2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト

« 水平線の終わりには、あ〜あ〜 | トップページ | 農業試験場をうろうろ »

2008年2月25日 (月)

最南端のラナンキュラス

恐らく、日本で最も南の暑いところで、ラナンキュラスを生産しているほ場です。
以前は40aほど生産していましたが、現在は25a前後の生産面積です。
宮崎では最もベテランのラナンキュラス生産者です。
Cimg2504
以前は、ビクトリア系由来のオリジナルの系統をもっていましたが、いろいろあって、
今年度からほとんど綾園芸さんの品種に切り替えました。

Cimg2508Cimg2507
きれいですねぇ。右のしわしわって感じは齢が進んだ花です。
ラナンキュラスもエチレン感受性があり、老化すると花弁のローリングやしわしわなどが見られます。


Cimg2512
ビクトリア系も作ってます。「くねっ」て曲がってるところがビクトリアって感じです。

« 水平線の終わりには、あ〜あ〜 | トップページ | 農業試験場をうろうろ »

ラナンキュラス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214868/40264885

この記事へのトラックバック一覧です: 最南端のラナンキュラス:

« 水平線の終わりには、あ〜あ〜 | トップページ | 農業試験場をうろうろ »