2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト

« 最南端のラナンキュラス | トップページ | トルコ、どんどん増えてます! »

2008年2月27日 (水)

農業試験場をうろうろ

今日は試験場の研究ほ場を見せていただきました。
いくつか紹介します。

まずはスイートピー。
日本一の生産量を誇り、産地でもオリジナル品種を多数抱える品目です。
試験場では、交雑育種によりいろいろな品種を育成しています。

Cimg2516_2

Cimg2518Cimg2517
こちらは「ムジカローズ」。巻きひげがない省力的な品種です。
右側が普通の品種。巻きひげをとってるのがわかりますか?
巻きひげがネットにからんでると、うまく蔓おろしができません。
そのため、蔓を切除する作業が必要なのですが、「ムジカ」シリーズは
蔓が葉に先祖帰りしているため、切除する労力を省力化できます!

 

Cimg2519Cimg2520
こちらはラナンキュラスです。先日発表したみやざきオリジナル品種「ラズベリル」。
ローズピンク系の花色が印象的な品種です。収量もあがるし、茎もしっかりしている良い品種です。
この次も新品種が控えていますよ!
 


Cimg2521
最後にトルコギキョウ。
もうすぐオリジナル品種がでてきそうです。八重咲きでブラスチングしない品種をまってます。
ちなみにこの系統は、まったくブラスチングしてませんでした。

« 最南端のラナンキュラス | トップページ | トルコ、どんどん増えてます! »

その他花き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214868/40284951

この記事へのトラックバック一覧です: 農業試験場をうろうろ:

« 最南端のラナンキュラス | トップページ | トルコ、どんどん増えてます! »