2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

おおみそか

今年最後の日。

あっという間の1年。

 

今年の始めの決心がどれだけ形になったのか。

どれだけ言い訳せずにやれたのか。

 

めざすべき方向がはっきりしたのは間違いない。

同じ方向を向いている仲間も増えた。

仲間の成長もしっかり見えてきた。

 

あとは自分が突き抜けるだけだ。

わくわくしてしかたがない。

 

来年が待ち遠しい。 あしたやが。

 

この場を借りて、力を貸してくれたみんなに感謝申し上げます。

良いお年を!!

今年最後のデルフィニウム

Cimg1715

今年の最後のハウスまわり。

来年度の期待をこめて最後のデルフィです。

新品種候補の紫系統。

現在2番花を収穫中です。いつも必要な色ではないですが、なくてはならない色。

そういう評価がついてまわりますが、いろんな意味でポテンシャルは高い系統です。

乞うご期待!

ひかりのはなぞの

昨日、宮崎市のシーガイア近くにあるフローランテ宮崎にいってきました。

ここでは、1年通して市民や観光客の方々が花にふれあえるように様々なイベントが

行われています。

今回は今月20日から行われているイルミネーション・フラワーガーデンを見てきました。

初めてでしたが、とてもきれいでした。

1月14日までですので、是非行ってみて下さい。

Cimg1724

2007年12月28日 (金)

新品種です。

しつこいようですが、今年12月に発表しました新品種『カペラ』です。

これまで、試交9号(ラベンダー)としてご案内しておりましたが、

『カペラ』に変わりますので、どうぞよろしくお願いします。

宮崎市ではダイアナフラワーグループで試作されており、1番花の出荷は

すでに終了いたしました。

2番花は2月中旬~3月中旬にかけての出荷見込みです。

Photo

Jfs

2007年12月27日 (木)

儲かるために

あたりまえのことをあたりまえにやる。

それだけだ。

 

できない理由なんかいらない。

 

ただ、やるだけ。

曇天続きが...

トルコギキョウも止め市に向けての最後の追い込み中です。

今週は曇雨天続き来週もパッと晴れそうではありません。

こんな時は八重咲きの品種でのブラスチングが気になります。

さすがの宮崎でもねぇ。

2~3時間、照ってくれるだけでも違うんですけど。

Cimg1706

2007年12月25日 (火)

曲がった葉っぱ

Cimg1698

葉先のくるっとした曲がり....。

なんだかわかりますか?

 

 

 

そう

 

 

 

ナメクジの食害です。

 

 

湿度が高まるこの時期はナメクジが暴れ始めます。

一般的な誘引剤は加水分解するので、濡れても平気な誘引剤を使うと

いいですね。イギリスの趣味のデルフィニウム栽培でも実証済み!

振り返るな!!

宮崎市ではセンニチコウの生産も盛んです。

ハーゲアナ系が主でグロボーサ系も少しはつくっています。

10aの目標収量は30万本!

振り返らずにひたすら切る!切る!切る!

Cimg1710

Photo

JA宮崎中央のセンニチコウは青山フラワーマーケットさんにも使っていただいています。

2007年12月24日 (月)

リゲル 絶好調!

絶好調~!(中畑清ばりで)

昨年同様に「リゲル」は順調に2番花が生育しています。

既にはしりを収穫していますので、ほんとに回転のよい品種です。

全体的に量が増えれば、もっと使ってもらえる機会が増えるんだけど。

蛍光灯下でよく輝くんです。

Cimg1696

 

一方こちらは、前代未聞の超多収品種。

本日確認したところ、早い株では3番花が抽だいを始めておりました。

12月下旬に3番花が抽だいということは、開花は2ヶ月後の2月末。

3番花が2月末に開花???? 恐ろしや~

いったい何番花まで収穫することになるのでしょう。

こーゆーところはハードの力ですな。

Cimg1702

真っ白け

今年から本格生産のシュッコンカスミソウ「アルタイル」。

11月に入って高温の影響も薄らぎ品質が上がってきてました。

今月分もなかなか良い仕上がりでした。

こちらは1月出荷予定のハウスの様子です。

Cimg1694

サル!サル!サルサ!

既に部会での出荷はスタートしている『サルサマリン』

親方のほ場でもいよいよスタートです。

栽培しやすい良い品種ですが、ここまで揃うとは。親方の技術です。

Cimg1690 Cimg1691

輪数ばっちりついています。

今週は天気が悪い予報。八重のブラスチングが心配です。

2007年12月21日 (金)

目指せ10本超え

デルフィニウム・エラータム系は以前は3番花までの出荷でしたが、

生産者の努力により宮崎市では4番花まで出荷できるようになりました。

ポイントはロゼットとの戦い!これにつきます。

下の写真は前年度の3番花終了後の様子です。

51

 理想的な状態。ロゼットした芽はなく、10本以上の収穫!

 

424

 こっちはロゼットしたときの状態。6本程度です。

 たぶんいくらか奇形花になったはず...。

 

 めざせ10本超えで今年もがんばります。

本音..。

やっぱり言えないよね。

あの場で直球投げるわけには...。

とりあえず抽象的な言葉で伝えようとしたけど、たぶんほんの数人にしか

伝わらなかったはず、いつも話をしている人だけに...。

 

今のポストに残された時間はわずか。

とにかく残りの時間でできることを精一杯やるか。

できない理由は100でも200でもあげられる。

できない本当の理由は自分が無能だからだ。

即行動!

2007年12月20日 (木)

ソフトだよ

品目、品種はハード。しかもがちがちの。

ハードのみに軸足をおいた活動は成功しない。

品目、品種をどう運用するか。つまりソフトが重要。

 

今日、研修会で『仕組みづくり』が大切だと訴えた。

自分の立場は裏方。主人公は別にいる。

どう動いてもらうか。やはり伝え方を考えなきゃ。

 

まずは身近なところから仕組みをつくるか。

2007年12月18日 (火)

もう2番花です

9月11日に定植した「リゲル」

今月の14日から2番花の収穫が始まりました。

1番花の生育中に抽だいしてた分なので、長さは短いのですが、

とりあえず『年内2度切り』!

とは言ってもはしりだけですから、本格的な出荷は1月からです。

Cimg1684

品種の力を最大限に引き出す技術。

やはり、ソフトが大切。

2007年12月17日 (月)

トルコギキョウ出荷中

トルコギキョウの出荷が続いてます。

現在は、リネーション系、華雪3、一番星、ネイルピーチネオ、ブロードローズなど

60~70㎝クラスが多いですが、輪数は3輪以上きっちりついて、しっかりしたものに

仕上がっています。

Cimg1671 Cimg1675

Cimg1680

お問い合わせはJA宮崎中央まで!

2007年12月15日 (土)

祝! 

2007年の日本フラワー・オブ・ザ・イヤーが決定しました。 →こちら

切り花、鉢物、花壇苗の3つの部門から、今年の「フラワー・オブ・ザ・イヤー(最優秀賞)」

「ベスト・フラワー(優秀賞)」「特別賞」が選ばれました。

  

その中でわが宮崎のデルフィニウムがモニター特別賞をいただきました。

モニター特別賞は一般来場者の人気投票で1位だった品種に与えられる賞です。

来場者にはいろいろとありがたいコメントをいただきました。→こちら

生産者の努力と市場関係者のご協力の結果です。ありがたや。

Cimg1642_2

 存在感のある巨大輪と透明感のあるラベンダー色が特徴です。

 花色はほんとにきれいです。

  

その他の受賞品種もすばらしいものばかりです。

ジャパンフラワーセレクションでは品種特性だけでなく、育てやすさや使いやすさなど、

品種にかかわるソフト部分も審査で考慮されるのです。ここがえらい。

 

ぶうけ

  昨日の夜(というか深夜)花を買いました。

バラとカスミとスイートピーのブーケです。

夜のまちで売っている花屋さんにしては(ごめんなさい)、いつもきれいなブーケを

置いていたので気になっていました。

ちょっと残念だったのは、品種の名前を知らなかったこと。

まぁ売ってる場所が場所だから、品種名など聞くような客は普通いないけど。

Cimg1664

こんな感じです。

 

Cimg1658 Cimg1659

外から見えないようにしてもらいました。 

 

次はちがう花屋さんで買ってみたいと思います。

2007年12月14日 (金)

トルコギキョウの現地検討会

昨日、トルコギキョウの現地検討会がありました。

生産者、関係機関でほ場をまわりながらいろいろと検討。

今月から本格出荷が始まっていますが、それぞれに問題は発生しています。

比較的、高温管理のトルコギキョウはやはり重油高騰の影響がありますが、

親方の「重油が高いから、焚かんといかん!」と重い言葉が...。さすがです。

Cimg1649

Cimg1653

2007年12月12日 (水)

ロゼットの責任は???

こちらは一転して問題発生。

購入苗の一部の品種でロゼットが多発しています。

ロゼットの発生はこのほ場だけなく、他の生産者のほ場でも同様。

 

苗の購入先はここでは明らかにしませんが、ひどい品種は90%以上の発生です。

責任は明らかに種苗会社にあるのですが、(認めたのかはわかりませんが)

補償といっても苗代程度。う~ん、もっと真剣に苗づくりを考えて欲しいものです。

191127

トルコギキョウ本格出荷始まります。

今年のトルコギキョウは出荷がやや遅れ気味でしたが、ようやく本格出荷になりそうです。

出荷はじめはそれほど長いものはありませんが、輪数はしっかりついてます。

Cimg1621

一番星です。70㎝前後ですが、品質はよいです。

 

Cimg1622Cimg1619

    一番星5輪開花!              華雪3 

関西方面に出荷です。よろしくお願いします。

エリート

勘違いしてはいけない。大衆が正しい判断力を持っているのではない!
国でも、地方でも、産地でも先導できるエリートが必要だ。
今こそ、エリートを養成するのだ。

2007年12月10日 (月)

びっくり! お~!3番花

またまたデルフィですみません。時期なので。

 

ヒサヤスさんのほ場でびっくり。

今年、試作してもらってる農試育成の紫系統に3番花の芽が出てました。

回転が速いというのが売りの品種なのですが、ほんとに速い。

ロゼットしにくく、低温管理も可能なので重油高騰の中、一筋の光りが...。

 

ただ、関東ではそれほど好まれない濃紫なので、関西より西がターゲットかな

Cimg1611

真ん中は1番花の収穫あとで、そのまわりの茎が現在伸長中の2番花。

その付け根に出てるちっちゃいのが3番花。

12月上旬に3番花の芽が出るって....。 ありえんわ

デルフィ順調です。

デルフィばかりですが...。時期なので。

9月下旬定植分が現在出荷ピークに入っています。

品種によってははじまったばっかりだったり、終盤だったり

 

9月11日定植の「リゲル」は2番花の早いものは既に発蕾過ぎ。

全般的には抽だいから発蕾前ってとこでしょうか?順調です。

Cimg1609Cimg1603

「トリトンライトブルー」にオリジナルの「ポラリス」、「試交9号」 出荷中

 

Cimg1608

「リゲル」の2番花。ほぼ全株抽だいです。

2007年12月 7日 (金)

花がちらほら..

わが地域のトルコギキョウを牽引する親方のほ場です。

日頃の観察と細やかな管理でいつ見てもすばらしい生育状況です。

前から後ろまでよく揃っています。

Cimg1590

ネイルピーチネオ 単価だけじゃありません。切り本数が大切。

来週から出荷ですね。

 

Cimg1594

ほんとに揃ってますよね。

親方はほ場にいないことがない程、いつもほ場で管理をしています。

 

宮崎のトルコギキョウはなにわ花いちばを中心に出荷しています。

みんなで検討、みんなで取り組む

昨日、JAのコチョウラン生産グループの現地検討会がありました。

コチョウランを部会で生産に取り組んでいるのは、現在では全国的にもめずらしいです。

今回は商品への仕上げの工程を一部変更するということで、検討しました。

Cimg1579

パートさんも含め皆さん真剣に勉強中

 

Cimg1589

園周りで苗の生育状況を確認中。

 

Cimg1580

いつ見ても豪華!!

 

この部会は、とても研究熱心で課題を解決するための取り組み姿勢も

すごいものがあります。

こういう姿勢はすばらしいですね。

2番花も順調に抽だい

「リゲル」の2番花です。

ロゼット性の低い品種の特性どおり、順調に抽だいしています。

このステージだと開花は2月初旬ですね。

1株あたり3~4本に仕立てます。

Cimg1567

2007年12月 5日 (水)

期待の星...

期待の星、試交9号。いよいよ出荷がはじまりました。

試作程度の作付けなので、出荷本数はわずかですが、

是非お試し下さい。

来週から2週間でおおよそ240本程度を出荷します。

蛍光灯の下で鮮やかに輝く新星です。

ジャパンフラワーセレクション入賞品種です。

Cimg1568Cimg1569

アルタイル

今年から本格的に生産しているシュッコンカスミソウ「アルタイル」。

低温でアントシアニンはでにくいですが、スムーズな生育には温度が必要です。

Cimg1554_2Cimg1555Cimg1556 

12~1月出荷の生育状況です。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »