2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ
フォト

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

暑さはまだまだ

9月も終わりですが、まだ宮崎市は夜温が20℃を超しています。

高温性の病害もまだ騒いでいます。

害虫も依然として多発状態。

去年の9月の気温と比べるとかなり高いです。

「miyazakitemp.doc」をダウンロード

2007年9月27日 (木)

ボトキラーが.....

花き類・観葉植物の灰色かび病でも適用拡大になりました! →こちら

微生物農薬の花き類での登録は第1号です。

私の地域では、今後重要害虫などに効果のある薬剤がほとんどなくなることが懸念されていることを受け、微生物農薬の利用を進めています。

当然、野菜を中心にスタートしましたが、花きでも推進しているところです。

その基本となる剤がボトキラー水和剤ですが、これまで花きではシクラメンでダクト投入でしか登録がありませんでしたが、ようやく花き類まで適用が拡大されました。

スターチスをはじめ主要切り花において灰色かび病の化学農薬での防除が不安定であったため、すでに登録内容に則って、利用を進めていました。

今回、適用が拡大されましたので正式に栽培暦にも掲載できます!

 

この剤は灰色かび病、うどんこ病での登録ですが、実は他のさまざまな菌に対して効果があります。詳細はここでは掲載できませんが、今後防除の柱になる剤です。

野菜の体系をベースに、花きの利用体系にアレンジして、いち早く提供したいと思います。

2007年9月26日 (水)

ユキンコです

シュッコンカスミソウもあります!

今年から本格的に「アルタイル」が導入されます。高温でボリュームがでにくい品種なのに

本格導入の年に猛暑、残暑続き....。

 

これはユキンコ360です。

8月上旬定植でピンチは終わってます。

Cimg1033

育種用親株もうじき定植

育種用の親株もぼちぼち定植です。

形質が固まっているもの、これからのもの様々ですが、楽しみです。

Cimg1050

 

Cimg1052

選抜中のデルフィニウム・シネンシス

右の系統は生育も早く、ボリュームも出る系統。

左と比べると大きいでしょう?播種日は同じです。

これを元にF1化しようかと思っています。

2007年9月23日 (日)

でてます高温障害

9月も下旬に入りましたが、宮崎はまだまだ残暑がきびしいです。

残暑と言うより夏まっただ中という感じ。

今朝は結構気温が下がりましたが、先週までは日中は35℃を、朝方も25℃を超える暑さ

さすがに高温の影響がかなりでています。

デルフィニウムのエラータム系は昼間の気温(地温)が高すぎると葉脈を残して、黄化し

てしまいます。こうなると光合成不足と高夜温の相乗効果で株が充実しません。

これが現在、発生中!

気温が2~3日下がるだけで回復するんですけどね。

買う理由

商品を買う理由は何か?

自分が物を買う時にその商品を選んだ理由。

逆にどうすれば自分の商品を選んでもらえるのか?買う理由を与えれば、伝えれば買ってくれるはず。

私もそうだが、おそらくほとんどの消費者は物を買うのに論理的に分析をして買ってるはずはない。

より自分に近いもの、なじみのもの、自分と関連づけられるもの、なんか良いものetc

そんなところで選択しているのかもね。

その中で繰り返し自分の商品を選んでくれているお客さんは、特上のお客さんだ!

大切にしなければね。

花きの業務需要

『業務用の需要は減少し、家庭用の消費が増加している』

こんな文句がここ数年の消費動向を表すこととして書かれている。

花き関連の雑誌などをめくっても、あいさつにおいても引用される文句。

農水省が策定した花き産業振興方針にも同じ事が書かれている。

 

私の経験則ではみんなが同じ事を言ってる時は疑った方が良いことが多い。

ブライダルや葬儀に代表される業務需要は確かに量は減っているかもしれない。

でも、一方ではハウスウエディングやチェーンの葬儀屋さんがどんどん増えている。

量は減っているが、機会は増えているのではないか?形が変わってるだけでは?

 

そもそも業務需要ほどあてになる需要はない。

それは、買う相手がはっきりしているからだ。

みんなが家庭消費がターゲットだと言っている今こそ、目の前の戦略として業務需要を

しっかりとつかまなければならない。

 

家庭消費だけのデータを見ると年々減少している。決して増えている訳ではない。

贈答用なども含めて生活上の消費だと言ってる。肝心な数字は裏にある。

消費の裾野を増やすには家庭消費が鍵であり、それを増やすための施策の1つとして

ホームユースフラワーの生産・販売の推進が柱とされている。長期的に見ると確かに大

切なことだが、現状では生産側でしっかりとした戦略に基づいた対応をとらないと全く

もって成り立たない。 

そもそも、日本の一般家庭には花を買って家に飾る習慣が根付いていない。花を買うの

はハレの日、特別な日。文化のレベルまで到達していない。

これは、花を気軽にかえる場所がないことや花の価格の問題など花き産業の構造に問

題がある訳で、花を買うことが日常的なことになる、文化にすることは、これから産業全

体で取り組むべき、長期的な課題である。

 

だいたい、業務需要にもまともに応えられずに、最も気まぐれな消費である家庭消費、

個人消費に対応できるはずがない!

2007年9月18日 (火)

定植真っ只中

宮崎市のデルフィニウムは9月10日頃から定植が始まり、現在定植ピークです。

土壌消毒を含め定植前の準備は今年も入念に行いました。

苗はやや徒長しましたが、まずまず良いものができています。

11月中旬からばっちり良いものを出荷します!

19091065

本葉11枚程度、宮崎の残暑はこのくらい大きい苗じゃないと。

 

Photo

土壌消毒後に微生物相の復活のため微生物資材を投入します。

これでリサージェンスをできるだけ抑えるのです。効果ありあり。

2007年9月15日 (土)

伝える....

伝える。自分の思い、考え方を伝える。

伝えなければ思い、考えは無いに等しい。

ただ話すだけでは、伝わらない。

相手に共感してもらうためには?

伝わるためにどうするか。

『伝え方』が難しいです。

2007年9月12日 (水)

念には念を

デルフィニウム2年目のトミーです。

シネンシスに続き、明日からデルフィニウムの定植です。品種は県オリジナルの「リゲル」と「アリエス」。

病気や害虫が広がってはいけませんので、定植前に防除。

Cimg1038 Cimg1036

                      なかなかよい苗です。

11月10日頃からの出荷です。よろしくお願いします。

2007年9月10日 (月)

本格的にスタートです。

いよいよデルフィニウムの定植がスタートです。

エラータム系は県オリジナル品種中心の作付けになります。苗もまずまず良いものができていますので、11月中旬から良い花が出荷できそうです。

19091099

オリジナル品種「ベガ」 ピンク系の品種です。

 

2007年9月 8日 (土)

高冷地恐るべし

おとといから昨日にかけて、高冷地のデルフィニウムを見てきました。

熊本県との県境に位置する五ヶ瀬町と椎葉村。この2つの産地があることで、宮崎県のデルフィニウムは理想的な事業展開が可能になります。

どちらもすばらしい生育状況でした。「8月上旬に定植してこの生育とは恐るべし」というのが感想です。

ブライダルなどの需要が柱のデルフィニウム・エラータム系は、長期間、継続して市場に出荷することが求められます。五ヶ瀬町と椎葉村、この2つの産地と私のいる宮崎市の産地がリレー的に出荷することで初めて実現するのです。

高冷地が10月上旬から(詳細はこちらもどうぞ)出荷し、11月中旬から平坦地の宮崎市につなげていく流れです。

宮崎市は9月10日から定植開始ですので、高冷地に負けない良いものを出荷できるようにがんばりたいと思います。

Cimg1009

2007年9月 5日 (水)

3~4年なんてあっという間

9月に入り、多少気温が下がってきたので、そろそろデルフィニウム以外の育種素材の播種を行いたいと思います。

ここ1~2年はいろいろ考えることもあり、それまでよりも縮小気味でやっていました。    偶然と技術が重なれば、品目によっては3~4年程度で産業レベルで使用できる品種ができます。

品種育成が話題になると、育成までの年数がかかることをネガティブにとらえる意見がたまにでますが、3~4年なんてあっという間だし、振り返ればあの時始めればという反省も頭をよぎります。

グランドスラムのようなパーフェクトな品種はなかなかできませんが、シングルヒットや内野安打程度の品種でも作れればと思います。

バットを振らないとヒットは打てません。

種を播かないと新品種は生まれません。

頭に浮かんだその時が、今がやるべき時。                             さっそく種を播こう。                                            

あ、Oちゃん。ダブルピンク手に入りました。少々お待ちください。                                              

2007年9月 2日 (日)

ちょっと早いけど...

デルフィニウムの定植が始まりました。

まずはシネンシス系から定植開始です。

9月初旬の定植予定でしたが、定植し た系統は高温期でも十分ボリュームが出るので定植しました。

今日で定植から7日目ですが、貧弱な抽だいも見られず、今週の動きで1番花のできがわかると思います。暑さにまけるな~!

Cimg0970

Cimg0971

 現地で選抜を重ねているオリジナル系統です。現地で選抜を重ねて育成したものは、その地の最適、最強の品種です。

  

今月中旬定植予定のエラータム系は、夜冷庫の温度の関係もありやや生育が進みすぎです。これからは、気温と苗の状態を見ながら計画どおりに定植するか、調整するかを決めます。

Cimg0968 Cimg0969

本葉10枚目が展開中。 すこし株元の充実が足りないかな...。

いよいよ本格的なシーズンの到来! 11月からの出荷に向けてスタートです。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »